検索

「ちょこっとDIY」で作る、yuriさんの大人ガーリーな部屋【プチDIY女子達のお部屋案内】

「DIYでお部屋を改装したいけど賃貸だから無理……。」と諦めてしまっている人も多いのでは? そんな人にオススメしたいのがこちらの企画。今回は、中央線沿いの1DKに住む、yuriさんのお部屋にお邪魔じゃましました!

 

 

 

かわいい水色の壁。じつは自分で壁紙を貼りました。

yuriさんが暮らすのは、31平米の1DK。駅から近く、広さがあるのに、意外に安い家賃を聞いてちょっとびっくり。秘密は、木造のアパートで、築年数の経ってるお部屋だから。

「自分好みに変えられるような、DIYしやすそうな部屋がよくて。ポテンシャルがありそうだと思ってこの部屋を選んだんです」

 

かわいい白の出窓が2つあるお部屋
素敵なブルーの壁紙は、じつは自分で貼ったものなんだそうです。そうだったのか!水拭きでも剥がせるタイプの壁紙を使っています

 

ピンク系の雑貨に惹かれても、我慢して買わず、ブルー系にそろえるようにしている yuri さん。お気に入りの雑貨たちに合わせて、部屋も自分で「ちょこっとDIY」しているポイントがたくさんありました。

 

 

プチDIYポイント1:家具は自分でちょっとだけ塗る

よく見ると、ローテーブルの脚や、サイドテーブルの引き出しなど、ちょっとしたところに差し色のブルーが使われています。これも、自分で塗ったもの。あえて全部を塗るのじゃなくて、一部分だけなのがポイント。

 

引き出しの取っ手は100円ショップで売っていたものだというから驚き

 

プチDIYポイント2:気になる部分はマスキングテープでカバー

元々が畳のお部屋で、フローリングにリフォームはされているものの、かなり古めの押入れや、和室特有の廻り縁は、古い木のまま残されていたこのお部屋。案外、存在感が出てしまうそんなポイントは、白のマスキングテープでカバー。ちょっとしたことでも、かなり印象が変わります。

 

ぐるっと木枠がついていて存在感が強かった押入れも、縁を壁の色と合わせることでスッキリ

 

プチDIYポイント3:キッチンにはカラーボックスでカウンターを自作

窓があってとても明るいキッチンには、そのポテンシャルを生かして、カフェみたいなカウンターキッチンを作りました。

 

カラーボックスに、タイル風の壁紙を貼って、なんちゃってカウンターキッチンに!
引越し祝いにプレゼントしてもらったお気に入りのトースターを置いて

 

どのアイディアも、本格的な道具や技も必要なく、気軽に取り入れられそうなものばかり。

 

 

でも、こういうちょっとしたことで、居心地のいいお部屋って、作れるんですね!これなら、今まで諦めていたことも解消できるかも。インテリアを楽しみたくなるヒントがたくさんもらえたお部屋でした。

 

 

 

yuriさんのinstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/ponzu.room/

yuriさんのお部屋をもっと見る方はこちら

「ひとりの暮らし」インテリア実例の一覧へ

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!