検索

あの『ダイソン』のコードレス掃除機が、より軽量化、よりパワフルに進化!

憧れの掃除機といえば、『ダイソン』のコードレス掃除機と答える人も多いはず。そのコードレス掃除機が、さらにパワーアップしたとのウワサをキャッチ! 家事が楽しくなるという、掃除家電の魅力に迫る。

世界初のサイクロン掃除機を開発したことで知られる、英国生まれの『ダイソン』。現在、世界67カ国でシェアされるほどの大人気ブランドだ。近年では、羽根のない扇風機やスタイリッシュなヘアドライヤーの発表で話題をさらっているが、この春、またしても嬉しいニュースが飛び込んできた!

 

パワフルに進化した、コードレス掃除機の誕生!

久しぶりとなる掃除機の新作が発表された。それが、コード付き掃除機よりも確実にゴミを吸い取り、最長60分という運転時間を実現した「Dyson Cyclone V10」。このV10が完成したことで、ダイソンはすべてのコード付き掃除機の開発を辞めると発表したことも衝撃的。なんと、これ1台でコード付き掃除機の役割を全て果たせるというのだ。

 

2016年に発売されたV8シリーズは、その吸引力とデザイン、使い勝手のよさであっという間に憧れの掃除機のひとつとなった。今回新たに発売されるV10は、その機能をさらに上回る秀逸な掃除機と話題。では、その機能をひとつずつチェックしてみよう。

 

『ダイソン』創業者のサー・ジェームズ・ダイソン氏が登壇し、新コードレス掃除機「Cyclone V10」の日本版を発表。


 

スタイリッシュさは引き継ぎながら、より軽量化!

まず特記すべきは、そのモーターの進化! 新しく搭載されたダイソン デジタルモーター V10は、従来のモーターよりも20%の小型化に成功し、毎分最大12万5000回転もの高速回転を実現。つまり、軽くなったうえに、吸引力はますますパワフルになったということ。0.3ミクロンもの微細な粒子もキャッチしてくれるという、機能の高さも見逃せない。

 

なんといっても女性に嬉しいのは、従来の製品と比べてより小型化し、軽量になったこと。家中の掃除機がけは、思っている以上に重労働だ。常に腕を動かし続けないといけない運動のため、この小型化&軽量化がもたらす恩恵は計り知れない。

 

さらに新開発されたバッテリーは、従来最長40分だった運転時間を20分も上回り、最長60分の運転が可能に! スイッチを入れると瞬時に動作速度に達するため、かけ始めからストレスなく掃除ができるように改良されている。

 


 

どんなゴミもキャッチ。ゴミ捨てもよりラクに。

ヘッドも同じく改良され、レコードのクリーナーとして使われている、静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシが採用された。やわらかなナイロンフェルトと組み合わせたこの新しいソフトローラークリーナーヘッドのおかげで、フローリングの大きなゴミと細かいホコリの両方を、同時に取り除くことができるように。短時間でゴミを吸引できるから、掃除機がけの手間もグッと楽になりそうだ。

 

そして意外と見落としがちなのが、ゴミ捨て問題! 本体がよりシンプルな構造になったことで、ゴミ捨てがより簡単になったこともなんともうれしいニュース。操作としては、本体部を取り外してゴミ箱に向け、ゴミ捨てボタンを押してクリアビンを奥に押し込むだけ。これだけで、吸引したゴミが飛び散ることなく捨てることができるように。

 

より直線的なフォルムに。部屋に置いていても様になるデザインはさすが。


 

直営店ではすでに販売を開始し、家電量販店での取り扱いは3月28日(水)からスタート。

また3月21日には、国内3店舗目となるダイソン直営店が横浜にオープン。新しい掃除機をはじめ、ダイソンの名品を体験できる場所がまた増えた。

 

いよいよ3月も終わり、新生活がスタートする人も多いはず。

頼りになる相棒をライフスタイルにプラスして、日々をより豊かに、より素敵に彩ってみては?

 

V10 フラフィ(5つのツールが付属)¥75,384(税込)

V10 フラフィ プラス(7つのツールが付属)¥86,184(税込)

V10 アブソリュート プロ(8つのツールが付属)¥99,144(税込)

 

ダイソン

https://www.dyson.co.jp/

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!