検索

『アトリエ染花 Senka』2018/19秋冬展示会 花の愉しみ 参 むすび

日本の昔ながらの美しさ、ユニークさを「むすび」をサブテーマに作られた『アトリエ染花 Senka』の秋冬アイテムをご紹介。布の染色から全て手作りの、世界に一つだけの一品を手に入れてみては?

 

折り紙で作られた展示会の案内状が届きました。

封を開けると、「和の美しさ 遊び心から学ぶ 花飾りの愉しみ方」とあります。さらに広げると、素敵なメッセージが!

 

昔と今を むすぶ

愛でるものを むすびとめる

永く続く その先で

きちんと結ばれるように

 

ロマンチックなメッセージです。『アトリエ染花 Senka』は、1981年に設立されたアクセサリーをデザイン、作成、販売をしています。名前にあるように、「染める」ことにこだわり、材料の染色に独特の風合いがあります。作品は全て手作りなので、世界に一点しかないコサージュなどのアクセサリーが手に入ります。

 

アトリエに伺い、まず、目に飛び込んできたのがこちら。

2018/19 秋冬コレクションのテーマは、花の愉しみ「むすび」、こちらのコサージュはまさにそのテーマそのものです。落ち着いた銀色のリボンにタッセル、カラフルといっても派手すぎない5種類の和のテイストを感じる花で、四季が表現されています。ワードローブがシンプルな傾向にあるPeLuLu世代の女性なら、こういうコサージュが一つあれば、ドレッシーにもカジュアルにも着こなしを楽しむことができそうです。

 

華だま フルラージュ


 

続いて、とても興味を引かれたのが、こちらのアジサイ。オフホワイトとアジサイ色の二種類があります。コロンとしていて存在感があり、それでいて軽い。染色で「朽ちた感じ」を表現していると説明を伺ったのですが、オフホワイトは特にアンティークな風合いを感じます。こちらのオフホワイトのアジサイ、ピアスを予約してしまいました。

 

華だま フルラージュ アジサイイヤリング


 

ウッドチェストの引き出しには、テーマごとの作品が展示されています。

 

素材の違うリボンで「むすび」を表現している「ツイスト」。

結び ツイスト


落ち着いた色合いの布2種類に人工皮革の飾りが雄しべのようなコサージュは小さめで、イヤリングと合わせることができます。

結び タック

 

オーガンジーと人工皮革のコサージュ。

結び プリューム


こちらはベルトです。シンプルなワンピースにあわせれば華やかな印象に、そして、着物なら帯締めに使えます。中央の錆色のような菊は、花びらの外側と内側の色が違っていて、コサージュの色合いに微妙なニュアンスがあります。

華だま マムベルト
華だま プチディベール
華だま プチディベール
画期的なクリップ付きなので、洋服に穴をあけることもなく、また、つけたいとことに簡単に装着可能
紋様 パインツリーカメリア
パインツリースリジェ
ヤポニカ
12種類の日本の花をテーマにしています

 

そして、今回のコレクションではないのですが、とても素敵だったのが、こちら。

日本古来から伝わる固有の文化である家紋をモチーフにした、『アトリエ染花』オリジナルの「花紋のブローチ」です。菊、桔梗、松、藤、千鳥、蝶の6種類を、二次元の家紋を三次元の立体的なデザインへ結びつけた花紋ブローチ。各種類とも基本カラーの白×紺と、各モチーフのテーマカラーで染め上げた2色、全12種がそろそろいます。自分の家紋があれば間違いなく欲しくなる一品。また、外国の方も、デザインに惹かれて買われるそう。桐の箱に入っているので、プレゼントにもぴったりです。(写真提供:アトリエ染花)

 

花紋ブローチ
6種類の家紋をモチーフにした基本カラーの白x紺
それぞれの家紋のテーマカラーに染め上げています

 

和の美しさが、モダンに、シックに、華やかに、シンプルに、表現されていて、とても美しい作品に、うっとりしてしまいました。オーダーしたアジサイのピアス、出来上がりが楽しみでなりません。

 

 

撮影に使用したカメラ: SONY RX100M5

 

アトリエ染花 Senka

https://www.atelier-senka.com/

Instagram

https://www.instagram.com/atelier_senka/

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!