検索

気に入らなければ、変えればいい!saki さんの1Kの暮らし【プチDIY女子達のお部屋案内】

家具に色を塗り、壁紙を貼ってつくる、私のお部屋。ポリシーのあるアイデアでガーリーでかっこいいsakiさんのお部屋におじゃましました!

 

 

 

これから初めてのひとり暮らしを始める方や、お部屋のイメージをちょっと変えてみたい!と思っている方へ。たくさんのヒントがもらえそうな、ひとり暮らしの先輩の部屋を紹介します。中央線沿線の1Kアパートでひとり暮らしを楽しんでいる、saki さんのお部屋。ホワイトとグレーで統一された、ガーリーでかっこいいお部屋、じつは、いろんなDIYのアイディアが隠されていました。

 

ライフスタイル系雑誌の出版社にお勤めの saki さん。いま住んでいるお部屋は、かなり古く、外観はなかなか渋めのアパート。でも、中を拝見して驚きました。すごくカワイイ! 女の子だったら絶対、「こういう部屋に住みたい!」と憧れちゃうんじゃないでしょうか。

 

 

ファッションが好きで、荷物は多めというsakiさん。30平米くらいの広めのアパートを探していました。

「畳とか、砂壁の部屋はさすがにNGだけど、よくある、20平米の細長い間取りの部屋は嫌で、それよりは古くても広いところのほうがいいなと思って。今のお部屋は、2方向に窓があるところがお気に入りです」

 

部屋のあちこちには、好きで集めているといういろんな照明が。小さな灯りがあると、部屋の中にちょっとしたギャラリーのようなスペースが生まれます。

 

布で隠す! 白く塗る!

「基本的に、白とグレーのものしか買わないように戒めています」ということで、全体的にやわらかい雰囲気で統一された saki さんのお部屋ですが、よく見ると、もともとは茶色だった家具もあります。

 

収納スペースを隠すパーティション、コタツテーブルも、もともとは茶色かったものを白く塗って。あえて、ちょっとエイジングっぽい感じを残しています。

 

「白く塗ると、新しくも見えるんです」と言われて納得! あんまり気に入っていない家具は色を塗り替えちゃうって、ありですね。

 

鉢カバーにしているバスケットも、ネットで安く購入し、自分で下半分をペイント。すごくおしゃれに見えるアイディアです。

 

嫌だったら、自分で変えちゃえばいい!

 

もともと古くて渋めのアパートを、いろんなアイディアでどんどん自分好みに変えていったsakiさん。一番驚いたのは、キッチンでした。
壁に貼っているのは、100円ショップで見つけた、発泡スチロール製の壁紙。ちょっとデコボコしていて白いレンガ風に見えます。後ろがシールになっていて、貼るだけで簡単にカスタマイズできるそう。
キッチンの壁や戸棚にもはがせる壁紙を貼って。吊り下げられる収納も取り付けました。

 

「もともと新しい部屋だったり、カワイイ部屋って、家賃が高いんですよね。古い部屋でも、嫌なところは自分で変えちゃえばいいんです」
と、楽しそうに教えてくれた、saki さん。ワンルームでも、アイディア次第でここまで変えられる! 自分でもやってみたいな、とひとり暮らしが楽しくなってきそうな、素敵なお部屋でした。

 

 

 

saki さんのお部屋はこちら
https://www.instagram.com/sakiiiii516/

 

ひとり暮らしのインテリア実例をもっと見る

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!