検索

「黒」がお部屋を引き締める。大人シックなワンルーム【プチDIY女子達のお部屋案内】

「DIYでお部屋を改装したいけど賃貸だから無理……。」と諦めてしまっている人も多いのでは? 今回は、ぶれないこだわりで選んだ統一感のあるお部屋におじゃましました

 

 

これから初めてのひとり暮らしを始める方や、お部屋のイメージをちょっと変えてみたい!と思っている方へ。たくさんのヒントがもらえそうな、ひとり暮らしの先輩の部屋を紹介します。世田谷区のワンルームマンションに暮らす、Tyさんのお部屋。「黒」を引き締めカラーに取り入れた、大人っぽいお部屋におじゃましました。

 

しっかりイメージを持って、家具を選ぶ

アパレル系の会社にお勤めの、Tyさん。このお部屋に引っ越してきてからは、まだ半年ほど。部屋にある家具や雑貨は、ひとつひとつ吟味しながら、ぶれないように、こだわって選んだそう。全体的に、木の素材、それに「黒」を随所に取り入れた、大人っぽいカフェみたいなお部屋ができあがっていました。

 

もともと、少しダーク系のフローリングだったお部屋。小さな棚や、サイドテーブル代わりのIKEAのステップスツールなど、意識して「黒」が選ばれています。
お気に入りの洋服や靴は、アイアンのハンガーラックに。これもIKEAのもの。
素敵なモノクロのアートは、sayurinishikubo さんによるイラスト。お部屋の印象を決める大きなポイントになっています。作品購入をきっかけに親しくなったのだそう。そういう関係って、いいですよね。

 

ラフな雰囲気を作るのは、パレットのベッド

驚いたのは、倉庫などでよく見る木製パレットにマットレスを載せて、ベッドに利用しているところ。「ベッドのいいやつが見つからなくて」とのことでしたが、こうするとかなり低いベッドができあがるので、窓際においても視線をじゃませず、いいですね。

 

 


「意外と安定感ありますよ」という、木製パレットのベッド!ラフに描かれた英字もデザインに見えて、かっこいいです。ローテーブルは、ReCENOのもの。パインの無垢材にはエイジング加工が施されていて、シックな部屋によく似合います。
お気に入りの器も見せてもらいました。もらいものの豆皿と、HASAMIのマグカップ。そしてIKEAのお皿。自宅でカフェみたいに楽しめそうです。

 

気になるところは、ちょっとだけカスタマイズ

築20年ほどだというこちらのマンション、駅から近く、家賃もほどよく安いのが魅力だったそうですが、古いぶん、お部屋の中には気になるポイントも。一番気になったのは、キッチンのデザイン。

 

扉に黒板シートを貼ってカスタマイズ。部屋の家具と同じ「黒」に揃えたことで、すっきり。
同じ黒板シートは、小物収納の目印にも活用。これはいいアイディア!
バスルーム周りの、タオルやボトルなど細々したものは、デザインや色を揃えて、すっきりと。

 

こだわりをもってカフェのような暮らしをつくりあげている、Tyさん。自分の気に入ったカフェや、インテリアがあったら、じっくり観察して「イメージに合うもの」だけをしっかりと選ぶのが、落ち着けるお部屋を作るコツかもしれません。

 

 

 

TyさんのInstagramアカウントはこちら
@yrety4lvng 

 

Tyさんのお部屋をもっと見る方はこちらから

 

「ひとりの暮らし」インテリア実例の一覧へ

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!