検索

パリ雑貨レター02 fromギャラリー・ドゥー・ディマンシュ

フランスから届いたキッチンアイテム『トルション』ってなに?パリの雑貨ショップ『galerie doux dimanche』からカラフルで可愛いおすすめのコレクションをご紹介!

 

思わず笑顔になってしまうパリ雑貨が豊富に揃うお店、『galerie doux dimanche』から毎回届く可愛い手紙“パリ雑貨レター”。

今回もとても可愛いアイテムレター 届きました!

ぜひチェックしてみて。

 

フランスのキッチンをのぞくと、どこの家でもかわいい「トルション」が目につきます。

『トルション』とよばれるこの大判のクロスは、「ティータオル」のこと。

 

 

 

『トルション』の使い方はいろいろです!

 


 

食器をふいたり、手をふいたり、エプロンにしたり。。。

とにかくフランスのキッチンではかかせないもののひとつです。

 

 

手をふくものと食器用と、2枚を毎日キープ。

 


朝食用の小さなテーブルだったら、テーブルクロスとして敷いたりもします。

もちろん毎日とりかえたいので「トルション」を集めるパリジェンヌたちも

たくさんいるんですよ!

おしゃれなインテリアブランドからも、かわいい「トルション」がでていますが

ドゥー・ディマンシュにもアーティストたちのデザインした

素敵な「トルション」がたくさん揃いました。

 

 

ギャラリー・ドゥー・ディマンシュ新着『トルション』はこちら!


こちらはパリのミニラボから届いたばかり!

ジャガード織りの「トルション」です。

 

 

その絶妙な色合いがインテリアに最適


パリの老舗メーカー「Moutet」社による上質なジャガード織りで仕上げられたトルションは

糸の色が反転した裏側までとても美しく、キッチンを華やかに見せてくれます。

タペストリーのようにそのまま壁に飾れば、インテリアとしても楽しめそう!

 

 

あのイラストレーターのものも!

 

 


お洒落な少年が描かれた「トルション」は、フランスのイラストレーター、

ナタリー・レテによるもの。

壁に飾っておくだけで絵になりますね!

 

 

テキスタイルが可愛い『トルション』

 

 

 

 

 


手触りが気持ちよいリネンの「トルション」は、マリオンとヴェロニックのテキスタイルデザイナーユニットのブランド「メゾンジョルジェット」から。

 

 

動物モチーフの『トルション』


フランスのアトリエで1枚1枚、仕上げられています。

 

 

最後は、ラ・ココットの元気になれそうなハッピーカラーの「トルション」

 

 


バゲットを切り分けるときに、パンをつかむのに使ったり

パンかごの中に敷いたり、乾燥しないようにくるんだり…。

キッチンの中だけでなく、カーテンのように窓にかけたり棚の目隠しとして使うなど

フランスの人々の暮らしにかかせないこの「トルション」を

ぜひ楽しんでみてくださいね。

 

 

galerie doux dimanche ギャラリー・ドゥー・ディマンシュ

東京都渋谷区神宮前3-5-6

tel:03-3408-5120

http://www.2dimanche.com

 

 

fudge.jp

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!