検索

ロシアで大人気の老舗料理店「GODUNOV Tokyo(ゴドノフ東京)」が丸ビルにオープン!

日本初上陸! モスクワで大人気の老舗ロシア料理店「GODUNOV Tokyo(ゴドノフ東京)」が3月12日にグランドオープン。ロシア料理の奥深き世界をいち早く堪能してきました!

 

ロシア発の人気レストラン「ゴドノフ」が2018年3月12日(月)、東京丸の内ビルディング5Fにオープン。素材を重視したロシア料理と、日本オリジナルのメニューが豊富に揃う「ゴドノフ」のプレオープンにお邪魔したので、一足早くレポートします!

 


 

ロシアの首都・モスクワの中心部に本店を構え、地元のファンに愛されている老舗レストラン「ゴドノフ」。日本初上陸の東京店では、スープの王様と呼ばれている「ボルシチ」、パンの定番「ピロシキ」、ロシアでもっともポピュラーな「サラダオリビエ」をはじめとした、本店の味をアラカルトでいただける他、ロシアンバルとしてお酒も楽しめます。

 

それでは、早速メニューを紹介していきます!

 

 

本場ロシアで大人気!!

ゴドノフ特製のボルシチやピロシキを味わって


ゴドノフ特製の「サラダオリビエ」¥680

ロシアでは一番ポピュラーなサラダ。りんご、ベーコン、きゅうり、ピクルス、ビーツなど、8種類の食材が具沢山な一品。りんご&ビーツの甘酸っぱさとベーコンの塩気がマッチした絶妙な味わいがクセになる美味しさ。

 


牛タン煮込みの「ボルシチ」¥1,400

ビーツの程よい酸味とフルーティな甘みは、ゴドノフのボルシチの大きな特徴。柔らかく煮込まれた牛タンとの相性も抜群。スメタナ(ロシアのサワークリーム)をスープに少しずつ溶かして、味わいを変化させながらいただいて。

 


ピロシキ(左上より)卵とネギ、牛肉と玉ねぎ、豚肉と玉ねぎのカレー、マッシュポテトとキノコ各種より2個¥500

揚げたてジューシーなロシア定番のお惣菜パン。牛肉や卵など、さまざまな具材入りでバリエーションも豊富。豚肉と玉ねぎのカレーは、なんと日本オリジナルのメニュー!

 

 


アンガス牛サーロインのパイ包みロースト赤ワインのソース添え¥3,400

アンガス牛、ベーコン、キノコをパイに包み込んだ一品。サクサク食感のパイに、旨みが強いアンガス牛をジューシーな肉汁ごとギュッと閉じ込めた重厚な味わいでお腹も大満足!

 

 

 

シルニキ¥1,000

ロシアの家庭で馴染み深い、シナモン風味のパンケーキ。カッテージチーズ入りでさっぱりいただけるので、食後のデザートにぴったり!甘酸っぱいフランボワーズソースと一緒にいただいて。

 

 

東京店のみのオリジナルメニューも豊富!

 

実は「GODUNOV Tokyo(ゴドノフ東京)」では、本店で食べることができない

「ロールキャベツ」やロシア風煮こごりの「ハラジェツ」など、東京店オリジナルメニューも豊富。

 

その一部を紹介します!

 


GODUNOV 日本オリジナルロールキャベツ¥1,400

ロールキャベツの原型と言われている古代ロシア料理「ドルマ」を日本風にアレンジした一品。

 

 

蟹とアボガドの「ハラジェツ」蟹のソースを添えて¥980

ロシア風煮こごり「ハラジェツ」。蟹とアボカドの魚介風味に爽やかなディルの香りをプラス。濃厚なアメリケーヌソースと一緒に。

 

 

 


 

店内には、マトリョーシカなどの可愛い雑貨が飾られていて、ロシアらしい異国情緒も満載。

丸ビルで昼間から豪華なランチを楽しむもよし、お酒を片手にゆっくりとディナーを楽しむもよし、

贅沢なひと時を過ごしに、ぜひ一度訪れてみて!

 

 

 

 

ゴドノフ東京 丸ビル店

住所:東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング5F

営業時間:ランチ11:00〜15:00(LO14:30)、ティータイム15:00〜17:00、ディナー17:00〜23:00(LO22:30)

定休日:年中無休

HP:www.world - liquor - importers.co.jp/godunov/tokyo

 
Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!