検索

【3/30公開のシネマ】『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』ーチャーチルを支えた女性たちに注目ー【MiLuLu】

【MiLuLu】では巷で話題の映画作品や美術展をご紹介!3月30日(金)より第90回アカデミー賞にて主演男優賞、メイクアップ&ヘア賞をW受賞した『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』が公開されます。型破りなウィンストン・チャーチルを支えた女性陣に注目して本作品をご紹介します。

感動の歴史エンターテイメント

©️2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.


1940年5月、第二次世界大戦初期。ヒトラー率いるナチス・ドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、イギリスにも侵略の脅威が迫っていました。 国民からの人気は高いが、たび重なる失策から政党内の “嫌われ者”である、ウィンストン・チャーチルに白羽の矢が立ちます。

夫を叱咤激励する妻クレメンティーンや、タイピスト兼秘書であるエリザベスのサポートを受け、国難に陥ったイギリスの新首相に就任したチャーチルは、「決して屈しない」と徹底抗戦を誓います。

そんななか、ドイツ軍に追い込まれた英国軍は、フランス・ダンケルクの海岸まで撤退し孤立状態となってしまいます。「30万人もの兵士が包囲され、救出するすべがない。ならば彼ら兵士を救うべく船をダンケルクへ向かわせるのだ、大型船はもちろん、ボートや小型船など民間の船もすべて召集して…」こうしてダイナモ作戦が実行。

日に日にナチス・ドイツの勢いは増す一方で、英国にも上陸の危機が迫ります。ヒトラーに屈するのか、それとも戦うのか。ヨーロッパのみならず世界の運命がチャーチルの手に委ねられた。

そしてついに、チャーチルは歴史的決断を下すのですがー。

 

「世界のCEOが選ぶ、最も尊敬するリーダー」(2013年PwCJAPAN調べ)に、スティーブ・ジョブズやガンジーを抑えて選ばれた伝説の政治家チャーチルは、最大の国難に直面した時に、いかにして人々に勇気と希望を与えたのか…チャーチル没後に公開された戦時内閣の閣議記録によって明らかとなった実話を基に、チャーチルの主催就任からダンケルクの戦いまでの知られざる27日間を描いています。

 

 

1940年代の女性たちに注目

©️2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.


本作品の主人公であるウィンストン・チャーチルを支える妻クレメンティーンに扮するのは、『イングリッシュ・ペイシェント』のクリスティン・スコット・トーマス。誰よりもチャーチルの良き理解者であったクレメンティーンを、凛とした強さと大らかな優しさを感じさせながら見事に演じています。

その他、タイプライター片手に日々奮闘する秘書エリザベス役には『シンデレラ』『ベイビー・ドライバー』のリリー・ジェームズ。変わり者で気難しい一面があるチャーチルに翻弄されながら、自身の役割を全うしようと奮闘する姿に勇気をもらえます。

 

そんな彼女たちの身に纏っているファッションから、1940年代の社会背景が浮かび上がってきます。

戦時中は女性も労働力とされていたため、活動しやすい機能的な洋服が求められました。その上、物資の複素から使える布地の量も制限されていたため、襟が小さくポケットの装飾も少ないデザインのスーツが着用されました。

 

 

メイクに200時間以上もかけた“芸術”

©️2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.


本作品の主役であるウィンストン・チャーチルを演じるのは、抜群の演技力で多くの俳優仲間からも尊敬を集める、名優ゲイリー・オールドマン。現存する膨大な資料をもとに、チャーチルの人間性を浮かび上がらせ、最大の国難に直面した苦難とともに、人間としての型破りな魅力を余すことなく描いています。姿、形、声、話し方、全てチャーチルになりきった超絶な演技を披露し、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞とアカデミー賞主演男優賞を受賞。

そして、そんなゲイリー・オールドマンをチャーチルへと“変身”させたのは、アカデミー賞に2度ノミネートされたにも関わらず、2012年に現代美術家に転向しハリウッドから引退した辻一弘。ゲイリー・オールドマン直々のオファーにより、数年ぶりに特殊メーキャップアーティストとして参加。合計200時間もかけてつくりあげた“芸術”が評価され、アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しました。

 

 

【情報】

 

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

 

3月30日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

監督:ジョー・ライト

出演:ゲイリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス、
    リリー・ジェームズ、スティーブン・ディレイン、ロナルド・ピックアップ

原題:Darkest Hour
配給:ビターズ・エンド、パルコ

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!