検索

コンパクトな家具で1Kのお部屋にメリハリをプラス!【プチDIY女子達のお部屋案内】

これから初めてひとり暮らしを始める人や、お部屋のイメージを少し変えてみたい!と思っている人にぴったりなのがこちらの企画。今回は、1Kマンションに暮らすnaa9290さんのメリハリある部屋づくりのポイントをお届け!

 

 

 
 
 

これから初めてのひとり暮らしを始める方や、お部屋のイメージをちょっと変えてみたい!と思っている方へ。たくさんのヒントがもらえそうな、ひとり暮らしの先輩の部屋を紹介します。品川区の1Kマンションに暮らす、naa9290さんのお部屋。すっきり整って、広く見えるお部屋を作るコツを教わりました。

 

コンパクトな家具で効率よくスペースを利用

naa9290さんが暮らすのは、22平米の1Kマンション。料理をしても匂いが充満しないように、きっちりキッチンと分かれた部屋を探していたとのことで、独立洗面台もある水回りはしっかり別になった間取りです。横長の6.5畳の居室におじゃましてちょっとびっくり。とても広く感じます。

 

陽当たりのよい、横長間取りのお部屋
 
6.5畳でベッドとソファの両方をおいて、しかもこんなにスペースにゆとりがあるのはすごい!
 
ガラストップのテーブルはunicoのもの。
 
ベッドサイドのテーブルはIKEA。こちらもガラスの天板なので、空間を圧迫せず広くみせてくれますね。
 
naa9290さんのお部屋のもうひとつのポイントは、あえて見せる収納ではなく、引き出し式のキャビネットを置いていること。
キャビネットは実家にいた頃から使っていた無印良品のもの。経年変化した木目の質感が素敵です。
 

たくさんあるファッションアイテムも、整理してきちんとしまう

 

アパレル関係のお仕事をしているnaa9290さん。たくさんある洋服やファッションのアイテムは、すべて1Kのクローゼットの中にすっきり仕舞われていました。

クローゼットの中にはスチールラックを置いて。お店のように、丁寧に畳んで重ねると、結構な収納力があるんですね!
 
キャビネットの最上部は、洋服の代わりに、コスメ関連のグッズをしまうようにしました。鏡と椅子をセットすれば、即席でドレッサーに早変わり!これも真似したい、素敵なアイディア。
 
左側、仕切りに使っているのはIKEAのボックスです。メイク用品の収納にぴったり!
 

naa9290さんは、ひとり暮らしを始めて、毎日コーヒーを淹れたり、料理をするようになりました。始めてみてよかったことは、ひとりでリラックスできる、自分の時間が増えたこと。自分が一番気に入るお部屋を自由につくれるのは、ひとり暮らしの特権。小さなお部屋でも、メリハリある部屋作りを楽しんでいるnaa9290さん。お気に入りのソファは、まるで自分だけの特等席のようだな、と感じました。

 

 
 

naa9290さんのInstagramアカウントはこちら

https://www.instagram.com/naa9290/

 

naa9290さんのお部屋をもっと見る方はこちらから

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!