検索

イライラ、眠気は仕方ない? PMS(月経前症候群)の症状と対策

生理前のイライラを家族やパートナーにぶつけてしまい自己嫌悪に…悩んだことがある人も多いのでは?それは「PMS(月経前症候群)」かもしれない。

 

PMS(月経前症候群)とは?

 

月経の月経(生理)の前に出る、様々な不快な症状を月経前症候群(PMS)と呼ぶ。
症状の種類や程度には個人差があるが、代表的な症状は次のようなものが挙げられる。

 

身体的な症状

・下腹部の痛み
・腰痛
・乳房のはり
・肩こり
・ニキビや肌荒れ

・頭痛
・吐き気
 

精神的な症状

・イライラ
・眠気
・憂うつ

 

これらの症状は、だいたい月経の3~10日くらい前から現れる。

症状があまりにもひどく、日常生活にも支障をきたすような状態の場合は、「月経困難症」の可能性も考えられる。

こういった場合は婦人科を受診しよう。

 
程度の差はあってもつらいPMS。少しでも症状を和らげたいもの...。
ということで続いては、PMSタイプ別の傾向と対策をご紹介。
 
 
 

PMSタイプ別の傾向と対策

 

不規則な生活を送っているあなたは…

 

まずは自分の体のリズムを知ろう。
前もって「このへんが危ないな」「次はこうくるな」というのが分かれば、その時期をうまく乗り越える余裕が持てるはず。

 

 

何となくいつも体調がよくないあなたは…

まずは体を動かしてみよう。
激しい運動でなくても大丈夫。有酸素運動のストレッチやウオーキングなどはいかが?ひとつのことに集中することで、症状が忘れられ、ストレスも発散、血の巡りも良くなり、PMS自体が緩和する効果も。

 

 

不調を口にできず、ケンカになってしまうあなたは…

 

パートナーや周りの人に事前に伝えておこう。
イライラ前の正常な時に「PMSだと、私は○○しがち」「本気で受け取らないで」「気にしないでね」と先に素直に話しておけば、大きなけんかも回避できそう。

 

 

負けず嫌い、自分に厳しいあなたは…

 

症状にあらがわないで。
月経の周期に合わせた一時的な変化なので、無理は禁物。仕事や約束事などの調整もできれば◎。

 

 

ストレスを溜め込みがちなあなたは…

何よりリラックスを心掛けて!
忙し過ぎる生活、睡眠不足は×。サプリや漢方、アロマなどを上手に使ってゆったりした時間を。

 

お酒やコーヒーが好きなあなたは…

 

代用品などを使って控えめに。
アルコールやカフェインは、胸の張りを促進し、精神不安定の原因になるそう。人によってはもちろんリラックス効果もありますが、回数だけでも減らしてみては?

 

 

 

約9割の女性が経験しているPMS

 

女性の9割が経験したことがあるともいわれるPMS。悩んでいるのはあなただけではない。
どうにもならないときは、無理せず婦人科へ相談することも考えてみてはいかがだろうか。

 

 

 

wellfyより

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!