検索

つまめる脂肪はよい脂肪?内臓脂肪撃退エクササイズ!

気になるお腹のお肉!つまめる脂肪、これさえなければ…って思いますが、実は脂肪には2種類あって、全部が全部なくせばいいってもんじゃないんです!

お腹の脂肪、実は2種類!

 

■皮下脂肪

つまめる脂肪は「皮下(ひか)脂肪」と言う。皮下脂肪は、女性の骨盤やおしり周りなど下半身に多くつくようになっている。女性には妊娠・出産があるゆえだ。


体の表面近くにあるため見た目に分かりやすくどうしても気になってしまうが、皮下脂肪は下記のような大切な役割も持っている。

■体温を保つ
■エネルギーを蓄積する
■臓器を守る

そのため、ある程度は必要な脂肪なのだ。

 

 

内臓脂肪

 

もう一つの脂肪は「内臓脂肪」といっておなかの中の内臓の周りにつく脂肪のこと。皮下脂肪と違い、見た目には蓄積しているのが分かりづらい脂肪。

「いくら腹筋をしても、気になるポッコリがヘコまない…」なんてお悩みの方は、もしかすると内臓脂肪がたまっているのかもしれない。過剰に蓄積すると、生活習慣病や動脈硬化、脳卒中など重大な病気にも繋がってしまう可能性がある、タチの悪い脂肪なのだ。

 

 

 

あなたはリンゴ型?洋ナシ型?

 

見た目には分かりづらいが実はタチの悪い内臓脂肪、自分は大丈夫かしら?と気になるところ。
内臓脂肪が蓄積しているかどうかを簡易的にチェックするには、体型から判断する。

 

リンゴ型

主におなか周りに脂肪がついているような体型。

 

洋ナシ型

下腹部からおしり周りに脂肪がついているような体型。

「リンゴ型」だと内臓脂肪がたまっている可能性大。

さて、あなたはどちらのタイプ?
次の2つのチェックを試してみて。目安の数値以上だと、りんご型の可能性が。

 

 

タイプチェックの方法

 

■チェック1【ウエスト・ヒップ比】

ウエスト(cm)÷ヒップ(cm) →0.8以上 (男性は1.0以上)

■チェック2【ウエスト・身長比】
ウエスト(cm)÷身長(cm)  →0.5以上

どちらかでも当てはまる人はリンゴ型の可能性あり、どちらも当てはまる人はまず間違いなくリンゴ型で内臓脂肪が溜まっていると言えるだろう。

 

 

どうしようリンゴ型…でも大丈夫!

 

もしかしたら私、リンゴ型かもしれない…。そんなあなたも心配しないで大丈夫。

気づかぬうちに溜まってしまう内臓脂肪だが、「蓄積しやすいけど燃えやすい」という性質があるのだ。

食べ過ぎや運動不足など生活習慣の影響によって簡単に溜まりやすいが、反対に生活習慣の改善を図れば皮下脂肪と比べて比較的スムーズに減らすことができる。

脂肪を効率的に燃焼させるためには、ポイントが2つある。

 

 

1.脂肪燃焼ゾーンを守る!

 

脂肪燃焼ゾーンとは、運動時のエネルギー源に脂肪が使われる状態を指す。脂肪燃焼にちょうどいい運動の強さの目安としては、軽く息が弾む程度。会話をしながらでも苦しくない程度に息が弾んでいるのがまさに脂肪燃焼ゾーンだ。

 

 

2.有酸素運動前に筋トレをする!

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動の前に、筋トレを組み合わせることで、より一層脂肪が燃えやすくなる。

この2つのポイントを意識して、内臓脂肪を撃退していこう!

 

 

 

内臓脂肪撃退エクササイズ

 

有酸素運動前の筋トレ&ウォーミングアップとして行うと効果的なエクササイズを2つご紹介。

 

 

脂肪燃焼エクササイズⅠ

(1)両足を大きく開き、両ひざを90度に曲げた中腰姿勢を作る

(2)腰に手を当て、その高さのまま大きな円を描くように腰を時計回りに回す

 

 

(3)自然な呼吸をしながら10回回ったら、反対回しも10回行う

※腰やひざを痛める可能性があるので、無理のない範囲で行うこと!

 

 

脂肪燃焼エクササイズⅡ

 

(1)両足を前後に大きく開き、前のひざは90度、後ろ足は伸ばす

(2)前足の真横(内側)に両手を軽くついてバランスをとる

 

 

(3)この姿勢を保ったまま、腰を時計回りに10回、反時計回りに10回回す
(4)左右の足を入れ替えて、同じように行う

 

 


ちょっときついかもしれないが、なんだか筋肉がジワジワ~っとしてきたら、しめたもの!

さあ、体脂肪について正しく知って、いらない脂肪を効果的に燃やしてしまおう!

 

 

 

wellfyより

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!