検索

【チケットプレゼント】『くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質』ーマテリアルとの会話を楽しむー【MiLuLu】

【MiLuLu】では巷で話題の映画作品や美術展をご紹介! 世界各国でプロジェクトを展開する建築家・隈研吾。現在、東京ステーションギャラリーでは、竹、木、紙、土、石、金属…など主要なマテリアルごとに分類し、模型、映像、素材サンプルから、これまで隈研吾が手掛けた建築設計やプロダクトデザインの制作に触れることができる『くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質』が開催されている。

実践してきた物質との対話


六本木のサントリー美術館や浅草の文化観光センターにはじまり、2020年のオリンピック会場となる新国立競技場の設計に携わるなど、国内外で膨大なプロジェクトを抱えながら、疾走している世界的建築家である隈研吾。

これまで古今東西の思想に精通し、様々な外力を受け入れるとされる柔軟な建築を目指す『負ける建築』や、竹、木、土、紙といった自然素材を用いた「自然な建築」などの理念を実践してきた。
本展覧会では、隈研吾による約30年に及ぶプロジェクトを集大成して展観し、仕事で用いてきた素材に着目した建築設計やプロダクトデザインなどの蓄積を、時系列順ではなく主要なマテリアル(竹、木、紙、土、石、など)に分類し、“もの(物、物質)”という切り口から、人と環境をつなぐ建築の可能性に迫っている。

 

 

10種類の物質と、隈研吾のダイアローグ


隈研吾が用いる主要なマテリアルに沿って紹介される約80のプロジェクト。
模型やモックアップ(実物素材による原寸大の部分模型である)だけでなく、現場の施工や建設の様子を捉えて建物が出来るまでを追った映像、ダイアゴナルな立体格子の木材や透かしが美しい和紙などの素材サンプルから、隈研吾が手掛けた仕事を分かりやすく紹介している。

 

 

空間を楽しめるパビリオン


展示空間に足を踏み入れると、畳と檜の香りに満たされ、心癒される「香柱(こうちゅう)」は、香りに浸した4mmの竹ひごを曲げながら編んだ構造体による新作パビリオン。

その他にも、竹という素材の柔軟性に着目したパビリオン「ナンチャンナンチャン」。そして、スーパーオーガンザという極度に薄い布とバルーンを用いた茶室「浮庵(ファン)」が展示室に合わせて再現されている。

アート作品とも言えるパビリオン…そこには自然素材の特性を生かすことはもちろんだが、人の行動を強く思い描いて設計されていることが随所に感じられた。

 

 

社会や環境を考えて、私たちと“もの(物、物質)”を繋ぐ


繊維染色の過程で出来上がるスラグを乾燥させた産業廃棄物を生かしたグリーンビズ『カルチュラル・ヴィレッジ』や、廃材となったLANケーブル(通称:もじゃもじゃ)を再利用し、天井や家具などを覆って柔らかく転進させた『てっちゃん』。
そして、古新聞を水で溶かして型に入れ、紙の水素融合だけを頼りにし、乾燥させて成型するタマゴケースの技術を応用した『ペーパーブリック』や、工事現場で仮設のバリケードとして用いられる、水を注入するタイプのポリタンクからヒントを得た『Water Branch House』。

上記作品のような現代社会において生み出された廃材を利用した作品や、災害時に外部インフラに依存しない強さを発揮する作品など、社会や環境を柔軟に捉えて適合することはもちろん、私たちと“もの(物、物質)”との架け橋になってくれていることが感じられた。

 

 

隈研吾による未来の建築


「土地には培ってきた文化や文明があることから、木は日本、瓦は中国、石はイタリア、金属はフランス…など、それぞれの土地に合ったマテリアルが存在する。建築家である自分のアイディアを一方的に押し付けるのではなく、その土地のマテリアルを使用しながら調和をはかってきた。自分の作品を身近に感じてもらいたい。」とギャラリートークで語った隈研吾。

現在、コンクリートで覆われた重苦しいモダニズムの建築物に対して、これからの建築は私たちの洋服のように柔らかく、そして軽いものになっていくだろうと予想し、『膜・繊維』の素材を用いて建築物を生み出すことに挑戦していることを教えてくれた。

主要なマテリアル(竹、木、紙、土、石、など)とともに、様々な建築の在り方を見せてくれる作品を鑑賞していると、時代の流れとともに民主的な建築方法を生み出していることがわかる。

会期中には、六本木・南青山コース、本郷・浅草・銀座コースの2回に分けて、隈研吾が手掛けた建築物を鑑賞する『建築ツアー』が開催される。私たちの生活と密接してる“建築”というアートに触れてみてはいかがだろうか。

 

 

【情報枠】

くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質
会期:2018年3月3日〜5月6日
会場:東京ステーションギャラリー
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
電話番号:03-3212-2485
開館時間:10:00〜18:00(金〜20:00)※入館は閉館の30分前まで
料金:一般 1100円 / 高校・大学生 900円 / 中学生以下無料

 

【プレゼント応募】

本展覧会の無料鑑賞券をプレゼント致します。

件名に【「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」チケットプレゼント】に加え、下記の情報を記入の上、info@pelulu.jp宛にメールにてご応募下さいませ。

  • 名前(漢字/カナ)
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • Q1:pelulu.jp内で今までで面白かった記事3つをあげるとしたら?
  • Q2:今後pelulu.jpで取り上げて欲しい記事を3つあげるとしたら?

応募締切日:4月16日

プレゼント当選者は発送をもって代えさせていただきます。

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!