検索

春色プラスの着まわし10 Days

冬物と春物がミックスする端境期。春物を買い足してメリハリを加えたスタイリングで、ネクストシーズンのエッセンスをさりげなく効かせましょう!

 

真冬のコーディネートは暗くなりがち。

旬のアイテムを取り入れているはずなのに、組み合わせのパターン化や配色で毎日同じような印象を与えてしまう、冬のジレンマ。新しい着こなし方を見つけてスタイルのアップデートをはかりたいですね。

 

冬の定番 <ベーシックアイテム>

 

1. ネイビーののタートルネックのセーター
2. センタープレスのワイドパンツ
3. グレーのチェスターコート
4. 黒のポインテッドバレエシューズ
5. ネイビーのアンサンブル
6. 落ち着いたグリーンのロングテールスカート
7. 赤茶色のボストンバッグ
8. メンズライクなレースアップシューズ
9. 万能なストライプシャツ
10. ネイビーのタイトなアシンメトリースカート
11. コンパクトサイズのショルダーバッグ
12. ポインテッドトゥバレエシューズ
13. ジャンパースカート
Vネックがスッキリした印象のジャンパースカート

 

もう春がそこまできているけれど、まだ寒い日が続くこの時期は、

春色アイテムをプラスしてマンネリコーデをブラッシュアップしましょう!

ここでは、今の時期にちょうどいい、冬物と春物をミックスしたスタイルサンプルをお届けします。

 

<買い足しアイテム>

A ピンクのニット
肌に溶け込むような優しいサーモンピンクのニット。首元を優しく演出してくれる抜けのある襟ぐりで、女性らしくセンシュアルな魅力を高めてくれる
B パステルカラースエードパンプス
婉美な曲線とサックスカラーで、美しいレッグラインが叶う一足
C 春色スカーフ
イエローとネイビーのコントラストで着こなしをノーブルな印象にチェンジ
D ホワイトブラウス
Vネックやワイドスリーブなど女性らしいふんわりとしたシルエットがスイートなブラウス
E ホワイトバッグ
コロンとしたフォルムが愛らしいバケツバッグ

 

Day 1

心弾む春小物でリズミカルにハミング

重たい印象になりがちな冬の装いは、クリーンな印象のシューズやバッグで全体の色のバランスを調節すると軽やかに。コーディネートはシックでシンプルに仕上げつつ、足元の肌見せや後れ毛を効かせたヘアアレンジで細部に女性らしさを加えて。

<ベーシックアイテム> 1 + 2 + 5
<買い足しアイテム> B + E

 

Day 2

ネクストシーズンの華やぐ気分をサーモンピンクで甘く表現

フェミニンなサーモンピンクのトップスに、カジュアルな印象のカーキスカートを合わせたリラックス感のある休日ルック。オフホワイトの差し色で、お呼ばれにも品良く溶け込む好感度の高い装いに。

 

<ベーシックアイテム> 6 + 12
<買い足しアイテム> A + E
 

Day 3

小物をマイナーチェンジして、オフィススタイルにヒネリを効かせる

タイトスカートにストライプシャツを合わせた定番オフィススタイルも、パンプスを明るい色に変えるだけで華やかさがぐんとUP。タイツは黒より、軽さが出るグレーをチョイスするのが正解です。

 

 

<ベーシックアイテム> 3 + 9 + 10 + 11
<買い足しアイテム> B

 

Day 4

芯のある強さをたたえたホワイトがキーピース

フェミニンな仕立てのホワイトブラウスとスカートを合わせた正統派レディな装い。スカーフでクラシカルな遊び心をオン。上下とも後ろ下がりのロングテールフォルムで軽さをプラスして、モダンなスタイルにアップデート。

 

<ベーシックアイテム> 6 + 7
<買い足しアイテム> C + D

 

Day 5

ブライトカラーを味方に防寒ルックを爽やかに装う

ロングコート×ワイドパンツのシンプルコーデは、サーモンピンクのニットをインに着て、フレッシュな差し色を効かせるのがポイント。まだ寒いこの時期を乗り切る冬の装いも、カラートップスを加えれば一気に春モードを満喫できます。

 

<ベーシックアイテム> 2 + 3 + 12
<買い足しアイテム> A + E

 

Day 6

カラートーンを工夫してクリーンに清々しく

開襟シャツ、ロングテールスカート、肩掛けカーディガンを合わせたフェミニンなお仕事スタイルがこちら。ふんわり柔らかい表情のスカートが、シャツのきりりとした印象を和らげます。きちんとした印象をしっかりキープしつつ、スカーフやパンプスを明るい色合いに変えることで、チャーミングなエッセンスを加えて。

 

<ベーシックアイテム> 5 + 6 + 9 + 11
<買い足しアイテム> B + C

 

Day 7

白ブラウス x ニットで柔和で上品な佇まいに

華やかなサーモンピンクのニットに、清楚な白ブラウスをコーディネートすることで、オフィススタイルをフェミニンに昇華。トップの色味が華やかなので、ボトムスは膝下丈のタイトスカートでシックに仕上げるのがコツ。

 

<ベーシックアイテム> 7 + 8 + 10
<買い足しアイテム> A + D

 

 

Day 8

思わず背筋がピンとする知的なジャンパースカートを主役に

ジャンパースカートにブラウスをレイヤードした大人可愛いコーディネート。仕上げにスカーフをネクタイのようにくるりと巻いて、華やかさをプラスするのもポイント。かしこまりすぎないように、足元はフラットシューズで、程よくラフさを加えて調節するのがベター。

 

<ベーシックアイテム> 7 + 12 + 13
<買い足しアイテム> C + D

 

Day 9

春の香りをカラーに乗せて、装いに端正な趣をプラス

フォーマルなシーンに必須なネイビーを基調としたコーディネートは、小物を使って色合わせの妙を楽しみたい。ダークトーンだからこそ映えるカラフルなスカーフで、大人の女性のポップさを取り入れて装いをブラッシュアップ。クラシカルなフォルムで、トレンド感がありつつも少し背筋を伸ばしたいときにぴったりな王道のレディスタイルに。

 

<ベーシックアイテム> 1 + 3 + 13
<買い足しアイテム> B + C + E

 

Day 10

きちんと感を高めるアイテムを投入してお仕事スタイルをランクアップ

美しさを引き出すイノセントな白にライトグレーを合わせた優しい色合わせは、冬の装いに軽快さをプラスするテクニックのひとつ。センタープレスのワイドパンツや、レザーのレースアップシューズできちんと感を高めるのが成功の鍵。

 

 

<ベーシックアイテム> 2 + 3 + 7 + 8
<買い足しアイテム> C + D

 

 

 

Vikka 29号より

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!