検索

賃貸のワンルームをお手軽カスタマイズ!!【プチDIY女子達のお部屋案内】

「DIYでお部屋を改装したいけど賃貸だから無理……。」と諦めてしまっている人も多いのでは? そんな人にオススメしたいのがこちらの企画。今回は、8畳の賃貸ワンルームをプチカスタマイズして、センス良く暮らすakiさんのDIYルームにおじゃましました!!

 

どこを切り取ってもオシャレ!! お気に入りの雑貨に囲まれたワンルーム

東京都にお住まいのakiさんのお部屋は、ワンルームにキッチンがついた普通の間取りの賃貸マンション。その中には、素敵なプチ改装のヒントが盛りだくさん!

 


 


 

ベランダ側から見たお部屋。床や壁、ドアはもちろん、クローゼットの扉まで、すべてはがせる壁紙やクッションフロアで改装。落ち着いた色合いにすることで、全体の雰囲気もグッと大人っぽく。

 

 


 

「賃貸なので原状回復をしないといけないんですが、それを考える時間も楽しいんです」とakiさん。

 

 

ベランダから始まったDIYライフ


 

ベランダには、グリーンとともにたくさんの雑貨を並べて。サッシに、結束バンドや専用の金具で、ラティスや板をくくりつけています。

 

 


 

市販の植木鉢にペイントし、ラベルを貼り付けてリメイク。

 

 

 


 

植木鉢に黒板塗料を塗り、模様を描いて。アイディアが凄い!!

 

 


 

日が当たりにくい窓際以外の場所には、フェイクグリーンも飾ります。よく利用するのは、いなざうるす屋さん。

 

 


 

もともとついていたというコートフックを利用したコーナー。すのこをかけて棚をつければ、ちょっとした小物を置くスペースに。

 

 


 

もちろんデスクもDIY。上にある棚は、ブリキのボックスだけネットで購入し、それに合うように木枠を作りました。

 

 


 

ドアやクローゼットの扉は、「Hatte me(ハッテミー)」という貼ってはがせる下地用粘着シートの上から塗装して。よく見ると塗り直した跡も。雰囲気を変えたくなったら、塗り替えられるもDIYの醍醐味。 

 

 

 

大好きなブロカント雑貨を素敵に飾って

「古道具が好き」というakiさん。よく行くお店は、平井にあるtowi(とうい)東京蚤の市や、GO GREEN MARKETなどの蚤の市にもよく出かけて、細々した雑貨を買い集めているのだそう。小さな雑貨を組み合わせて作った、akiさんらしい柔らかい世界観が魅力。

 


 

ノスタルジックなジャンク雑貨も、こうして並べると、お部屋がグンと味わい深くなります。

 

 


 

錆びの感じが気に入ったというネットオークションで見つけたラダーに、足場板をのせて小物棚に。ガラス瓶など、同系統の雑貨を飾るとごちゃつきません。

 

 


 

こちらもガラス瓶を集めてディスプレイ。アンティークなトラベルバッグもいい味わいを出しています。

 

 

 

akiさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/akiko_quatresaisons/

 

akiさんのお部屋をもっと見る方はこちらから

 

「ひとりの暮らし」インテリア実例の一覧へ

 

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!