検索

メンズライクなカジュアルコーデは、海外のお洒落ガールに学べ!

“独特の雰囲気あるスタイルがずば抜けてステキ!”ひときわ目を惹く自分らしさを確立したファッショニスタたちのデイリースタイルを紹介します。【ファッション3大都市 お洒落セレブに学べ -vol.3-】

 

LONDON、PARIS、NYの3大都市で一際目を惹いた高感度なお洒落ガール19人を厳選セレクト!流行を追うだけでなく、自分に似合うアイテムを自在に着こなす彼女たちのファッションは、お手本にしたくなるヒントが満載です。

 

No.9


name=Zuzannaさん

occupation=家事見習い

age=28

 

チェック柄の“オジ”ジャケットを主役にしたガールズトラッドスタイルが一際目を引いたズザンナさん。
ブルーデニムで抜け感を演出したら、ニットキャップ、ポーチなど、小物で色合いをプラス。
ニューヨーカーらしい上品で洗練されたカジュアルスタイルはお見事!

 

ジャケット、ニット、バック、グローブ/以上すべてvintage、パンツ/Acne、シューズ/Church's、
ニット帽/LYNN & LAWRENCE

 

 

No.10


name=Josephineさん

occupation=フォトグラファー

age=26

 

キュートな笑顔にブルーのニットキャップが映えるジョセフィーヌさん。

冬のパリの街を颯爽とバイクで駆ける彼女は、ヴィンテージのトレンチコートを主役に、

手編み風の厚手ニットをインしたパリジェンヌらしい上品スタイル。

真っ赤なスカーフや、ベージュのウィングチップシューズなどのエレガントな小物使いは真似したい!

 

コート、ニット、デニムパンツ、シューズ/以上すべてvintage

 

 

No.11


name=Emmaさん

occupation=フォトグラファー、ディレクター

age=28

 

メンズライクなビッグサイズコートに、ヴィンテージのデニムシャツをインしたラフで抜け感のある

スタイルが好印象なエマさん。自身もフォトグラファーとして、ファッションブランドの広告の

ディレクションを手掛けるなど、パリのファッション界で活躍する彼女のお洒落のこだわりは

「着ていて気持ちがいいが第一条件」なんだとか。

 

コート、バック/ともにSurface to Air、デニムシャツ、シューズ/ともにvintage

 

 

No.12


name=Francescaさん

occupation=雑誌編集者

age=27

 

「今日は寒いから防寒優先のスタイルなのよ」と、謙遜しつつこなれ感のある着こなしが、
ファッション雑誌編集者らしいセンスの光るフランチェスカさん。
小柄な彼女が着こなすやや大きめのミリタリーコートのサイズ感など、
シンプルながら計算されたバランシングがポイントとなるスタイル。

 

コート/MONKI、スニーカー/adidas

 

No.13


name=Lilyさん

occupation=家事見習い

age=24

 

チェックシャツ×チェクワンピースの着こなしがキュートなリリーさん。
「トレンドのデザインが安く買えるものはたくさんあるけれど、マーケットでヴィンテージを
買う方が好きなの」という肩肘張らない彼女は、今日もオールヴィンテージでのコーディネート。

絶妙な柄on柄のスタイリングは、自分のスタイルを確立している彼女ならでは。

 

ジャケット、ワンピース、ニットキャップ、リュック、シューズ/以上すべてvintage

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!