検索

『君の名は。』聖地巡礼レポート! 飛騨市古川町で、あのシーンを再現してみた

2018年1月3日地上波初放送を果たした、大ヒット映画『君の名は。』GoogleのCMで使われたり、有吉さんが再現したりでも話題だ。今回は岐阜県飛騨市にて、そんな『君の名は。』の聖地巡礼をしてみた!作中シーンの再現撮影にもチャレンジしたり、もちろんグルメのご紹介も。ぜひチェックしてみて。

未だ冷めやらぬ『君の名は。』熱!

 

最近「Android で Google アシスタント」CM「君の名前は?」編でも話題の『君の名は。』
三葉が『君の名前は?』というシーンは印象的だ。

有吉弘行さんとフットボールアワー岩尾さんが、名シーンを再現した写真も、絶妙過ぎると話題。

2018年1月3日、初の地上波放送も放送され、まだまだ『君の名は。』熱はアツいまま!

 

 

 

 

『君の名は。』は新海誠が監督と脚本を務めた長編アニメーション映画で、東京・四ツ谷に暮らす男子高校生の立花瀧と、岐阜・飛騨に暮らす女子高校生の宮水三葉の物語。

二人が入れ替わり導かれ引き合う様子を、彗星の大接近と絡めた引き込まれるようなストーリーで、爆発的大ヒットとなった。また繊細な絵の描写も印象的だ。加えて実在する場所をモデルとした背景が多く、聖地巡礼の旅をしている人も数知れず。

そういう訳で今回は、岐阜県で聖地巡りを決行!
美味しい名物グルメも合わせてレポート。

 

 

 

 

 

飛騨市長と対談

(写真左から)
ミスグランドジャパン2017準グランプリの勝本有莉実さん、飛騨市長 都竹淳也さん、ミスグランドジャパン2017グランプリ辻絵里華さん、同ファイナリストの森江由衣さん。

 

 

この日は、飛騨市役所にて都竹飛騨市長のお話を拝聴。
「君の名は。×飛騨市」コラボの秘話や、おすすめのお店、観光情報について、丁寧に説明していただいた。

さて、いよいよ聖地巡礼のスタート!

 

 

 

 

『君の名は。』ラッピングバスで聖地巡礼!

 

今回は取材ということで、特別に『君の名は。』のラッピングバスをご用意いただくことに!!

このラッピングバスは、通常、新宿~飛騨市の間を行き来。1日12便~14便、運行しているそうだ。
東京近郊から飛騨市に行くには、こちらのバスが便利。

こんなラッピングバスで聖地巡礼旅に行くなんて、ワクワク度が倍増してしまいそう!

 

 

 

 

 

『君の名は。』ラッピングバスの詳しい情報はこちら

 
 
 

 

聖地に向かって出発!

 

 

 

 

まずは「飛騨古川駅」でしょう!

 

 

岐阜県飛騨市のJR高山本線「飛騨古川駅」から、聖地巡礼スタート。

 

この飛騨古川駅は、映画『君の名は。』聖地巡礼の旅で外せないスポット。
瀧が奥寺先輩、藤井司の3人で、三葉を探しに岐阜へ行ったときの到着した、あの駅だ。

駅舎に入ると、飛騨市のゆるキャラ「ひだくろちゃん」ちゃんのパネルが。
ということで、1シーン再現してみた!

 

 

 

朝の9時57分だけ! 奇跡の1枚

映画の中で登場する電車は「特急ワイドビューひだ」と言われているが、実は特急は2番ホームには停車しない。
2番ホームに停車するのは普通のみで、しかも1日1本のみなのだそう。

こだわって、リアルに映画のワンシーンを再現するなら、午前9時57分~58分に撮影してみよう!

 


このような感じで両ホームに電車が停まった後、1番ホームの電車が先に出発↓

 

 

その後、9時58分発の電車が2番ホームにいる、僅か数十秒がシャッターチャンス!

 

 

建物や山などの風景が、とても細かく描かれていることが分かる。

駅の中にあるこの写真の撮影場所には、再現撮影の参考になるよう、電車が停車する時間や駅周辺の聖地巡礼マップも。
飛騨市の細やかな気遣いが嬉しい!

 

 

 

優しい運転手さんとコラボ!

 

続いては、駅前。映画の中で、瀧がタクシーの運転手さんに場所を聞いていたスポットだ。
優しい運転手さんにご協力いただき、あのシーンも完全再現してみた。

 

 

ばっちり!

 

 

 

 

続いては、「飛騨市図書館」で調べ物

 

 

駅から徒歩5分ほどのところにある「飛騨市図書館」。

瀧が糸守について調べていた図書館のモデルがこの「飛騨市図書館」だ。

 

 

残念ながら「古川図書館」の看板はないが、入り口には「館内撮影の時はスタッフに声をかけてね」と案内がある。館内の写真撮影をする場合は、受け付けで図書館スタッフから注意点について説明を聞いたのち、許可を得てからにする事を忘れずに。

 

 

【飛騨市図書館】
住所:岐阜県飛騨市古川町本町2-22
アクセス:JR高山本線「飛騨古川駅」から徒歩5分
開館時間: 9時から20時まで(日曜日は17時まで)月曜日と月末の図書整理日は休館

 

 
 
 
 
 

聞き込みシーンの神社は、気多若宮神社?

 

三葉が、妹の四葉と巫女を務めた「宮水神社」。この宮水神社は、「気多若宮神社(けたわかみやじんじゃ)」がモデルだと言われている。「飛騨山王宮日枝神社(ひださんのうぐうひえじんじゃ)」との説も。

今回訪問した「気多若宮神社」は、三葉を探してまわる瀧が聞き込み中に訪れた神社に似ている。

 


ということで、聞き込みのシーンを再現してみた↓

 

 

 

お守りがたくさん。

 


「気多若宮神社」は、毎年4月19日、20日に行われる「古川祭・起し太鼓」で有名。
この祭は「山・鉾・屋台行事」のひとつとして「ユネスコ世界無形文化遺産」に登録されているのだとか!

 

 

神社から見下ろす町の景色も素晴らしい。

 

【気多若宮神社】
住所:岐阜県飛騨市古川町上気多1297番地

 

 

 

 

 

『君の名は。』バスに乗って、宮川落合バス停へ。

 

続いての聖地巡礼スポットは、宮川落合のバス停。
この宮川落合バス停は、飛騨市宮川町にある。飛騨古川からは車で30分ほど離れたところにあり、現在は通常のバスは停まらないのだとか。最寄りは角川駅だが、電車の本数が少ないのでタクシーで行く方が良さそうだ。

 

 

ポスターや手書きのマップ、聖地巡礼ノートが。古川の皆さんのおもてなしのココロが感じられる。

このバス停は、主人公の瀧がたくさん聞き込みをしても、なかなか有力な情報が何も得られず、がっくりしているシーンで出てくるバス停のモデル。

 


早速、再現!

 

 
【宮川落合バス停】

住所:岐阜県飛騨市宮川町落合

公共交通機関を使って宮川落合バス停まで行く方法は【こちら】

※飛騨市公式観光サイト 飛騨の旅 提供のPDF資料です。
出典:https://www.hida-kankou.jp/
 
 
 
 

ここでちょっと飛騨のグルメ堪能タイム!

 

ランチは「とと家。」でとらふぐ

聖地巡りをしていたら、お腹が空いてきたので、ここでお昼ごはんを。

 

 

お昼ごはんは「とと家。」で「飛騨とらふぐ まぶし御膳」をいただく。
とと家は、地元で人気のお店。毎日メインが変わる日替わりランチも人気メニューだそう。

 

 

清流の国ぎふの綺麗な地下水で養殖された、とらふぐを使った御膳。

 

 

透き通る身が美しいてっさ。旨みと甘みが織りなすその味は絶品。

 

 

とらふぐの出汁で炊き上げたご飯。お茶漬けにしても美味!

 

【とと家。】
住所:岐阜県飛騨市古川町殿町10-19
電話:0577-73-0075
営業時間:10:00~14:00/17:00~21:00
定休:日曜日

 

 

 

 

美味しい地酒の試飲も

 

 

お昼のあとは、「呑んべぇパスポート」を使ってお得な試飲を!

渡辺酒蔵店では「呑んべぇパスポート」を提示すると、無料で試飲が可能。また日本酒を購入すると、「オリジナル味噌」や「スマイルお猪口」がもらえる特典も。

 

 

冬の1番人気だという『一番にごり』。とろり~とした舌触りで、素朴な味わいながらも甘い香りとコクのある味がもう絶品!

『蓬莱 純米大吟醸 極意傳』は、モンドセレクション金賞受賞酒。伝説の酒とも呼ばれているそう。深みもキレもある味わい。

 

 

大吟醸を使った『禁断の大吟醸チョコレートケーキ』も美味!食感はしっとりしていて、甘すぎない大人な味。

 

 

 

 

岐阜県飛騨地方のNO.1酒造メーカー。並み居る全国の銘酒を押え、全国酒類コンクール第1位、グランプリ受賞!モンドセレクション10年連続最高金賞、世界初!iTQi国際品質審査会最高位3ッ星★★★受賞、全米日本酒歓評会金賞、BTI最高金賞。

 

 

 

 

飛騨牛串も食べなきゃ!

 

 

飛騨古川の中心地の、人気観光スポット「瀬戸川」「まつり会館」のすぐそばにある、「岡田屋」。

 

 

お肉が大きくて、持つと重いくらい!
特製たれで丁寧に焼き上げた牛串は油っこくなく、ペロリといけてしまう。

 

 

【岡田屋】
住所:岐阜県飛騨市古川町壱之町12-34
電話番号:0577-73-3021
営業時間:9:00~17:30(12~翌3月は~17:00)
定休:無休(1月1日休)

飛騨牛串焼き 350円
五平餅 200円
みだらしだんご 70円

 

 

 

 

 

最後の聖地スポットは「味処 古川」

 

映画の中で出てくる、五平餅を食べているシーン。
その五平餅のお店のモデルだといわれているのが、格子状の背景が似ていると「味処 古川」。

 

 

ここに座って食べる!

 

 

香ばしい匂いが外まで…。もちっとした五平餅で、絶妙な焼き加減。
飛騨牛カレーや、他にお土産も多数販売。

 


【味処古川】
住所:岐阜県飛騨市古川町壱之町11-3
電話番号:0577-73-7100
営業時間:9:00~17:00(冬季は16:00まで) 夜予約制
定休:不定休

 

 

 

 

飛騨古川町の皆さんは優しい!

 

飛騨市は、『君の名は。』のヒット以来、町のあっちこっちにポスターやノート、ポップアップを設置するなど、自治体と市民の皆さんが"一緒に"盛り上げている。

 

 

もっとも素敵だなーと思ったのは、皆さんが優しくて温かい対応をしてくださるところ。
道を訪ねたりすると優しく答えてくださるのはもちろん、迷っている観光客がいると地元の方から声をかけてあげたり、車でバス停まで連れていったりといったエピソードも沢山あるのだとか。


きっと映画の中での瀧も聞き込みしやすかったかも!なんて。

取材を終えてみると、飛騨市の人々の良さ、町の魅力にすっかり虜。

初めは『君の名は。』聖地巡礼で訪れたけれども、何度も旅にくるという方も多いのだとか。

 



★『君の名は。』聖地巡り旅のほか、飛騨市の観光情報をもっと知りたい人はこちらも要チェック。

 

飛騨市役所がお届けする公式観光サイト「飛騨の旅」。

観光や体験、グルメ、お土産、イベントやお祭りなど、旅を楽しくする情報がいっぱい!

 

 

 

 

 

wellfyより

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!