検索

【チケットプレゼント】王室御用達の名器を堪能できる『ヘレンド展 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯』【MiLuLu】

【MiLuLu】では巷で話題の映画作品や美術展をご紹介!現在、パナソニック汐留ミュージアムで開催されている『ヘレンド展 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯』。時代の変化に柔軟に対応しながらも、世代を超えて継承され、現在も製造されている、ヨーロッパの名窯ヘレンドの歩みをたどる本展覧会をご紹介します。

名窯ヘレンド、190年の歩み

 


 

ヘレンドとは、ハンガリーの首都・ブダベストから南西に約110kmを隔てた静かな村にある磁器製作所です。1826年に創設されてから、ハプスブルク皇帝の保護を受けて発展し、各国の王候貴族が愛好した名窯として今日に至るまで高い評価を得る、ハンガリーを代表する高級磁器窯です。
「オーストリア帝室・ハンガリー王室御用達」であったヘレンドは、19世紀後半に盛んに開催されていた万国博覧会へ積極的に出品します。万博での好評は、大英帝国のヴィクトリア女王からの発注に繋がり、名声を広げていきました。

本展覧会では全7章で構成されており、ヘレンド190年余りの歴史を歩みながら、開窯初期からの希少な逸品から、バロックやロココといった伝統的な様式を踏襲した名品や、中国や日本の陶磁器に学んだ東洋風の作品群、そして現代の製品までおよそ230点が一堂に集まります。

 

 

華やかで東洋的な磁器

 


 

1839年にヘレンドへ資本参加したのがモール・フィシェルです。彼は非凡な芸術的才能とビジネスセンスで、今日まで続くヘレンドの名声の礎を築きました。貴族や裕福な市民が所有していた磁器セットの割れてしまった器の補充や貴族の家に伝わる逸品の複製を担うだけでなく、国際的な博覧会へ積極的に参加し、優れた製品を出品することで、大きい注目を浴びました。

そんなモール・フィシェル時代を支えた多彩な名品は、東洋の磁器をお手本にして制作されたものです。19世紀半ばのヨーロッパにおいて、中国の磁器は最高品質を意味し、透明感や薄い質感、軽やかな筆使いの絵付けなど賛美の的でした。欧州の名窯は東洋磁器の複製を作ることで技術を研究し、ヘレンドも中国と日本の陶磁器を複製するなかで、多種多様な東洋のモチーフを装飾のバリエーションとして修得していきます。

その後、モール・フィシェルが引退し、息子たちが経営を引き継いでも、従来の熟練の手作業を守り技術革新にも挑戦する一方で、引き続き中国と日本の磁器を手本にした製品制作を重視していました。

 

 

最高峰の装飾技術による夢の共演

 


画像:色絵金彩「ヴィクトリア」文ティーセット 1850年頃 ヘレンド磁器美術館蔵

 

ヘレンドを代表する精巧な透彫りが施された「ウエールズ」文、今にも動き出しそうな可憐な草木や花々の塑像飾りなどの技術、そして絵柄の新鮮さと愛らしさでヴィクトリア女王の目に止まった「ヴィクトリア」文など、東洋と欧州の様々な陶磁器から学んで独自の発展を遂げた多数の個性的な文様が会場に並びます。

モール・フィシェルの孫の時代となった19世紀末には、ハンガリー建国1000年祭を控えて民族意識を紅葉する動きが高まり、カーネション、ザクロ、チューリップなど民族的な装飾様式が確立されました。続く、20世紀冒頭に開催されたパリ万国博覧会では、これまでの作品とは一線を画すアール・ヌーヴォー調の小規模なコレクションが発表されます。

その後、2つの世界大戦の間のヘレンドでは、これまでほとんど小像の制作は行われてこなかったにも関わらず、形成技術や素地への深い造詣によって磁器人形が生み出されました。そして、戦後民国有化され、1990年代に民営化。現在では外部から作家を招くことで、現在もヘレンドの独創性と多様性は、より豊かなものへと発展し、魅力的な名品を生み出し続けています。

 

 

世代を超えて愛される

 


 

会期中には、ゲストを招いて開催される記念講演だけでなく、学芸員によるギャラリートーク、そして「0」のつく日をお皿の日として、本展オリジナル「ぬりえ」を当日先着に250名様にプレゼントされます。また、連動特別企画としてテーブル・コーディネートの特別展示やティー・テイスティンングイベントなども開催されます。

ヘレンドの歴史を辿ってみると、時代の変化に柔軟に対応しながらも、世代を超えて継承された最高の技術と品質を守ることはもちろん、技術革新に挑戦しつづけています。是非会場にてヘレンド190年余りの歴史と、優雅で華やかな磁器の世界をご堪能ください。

 

 

【情報】

 

『ヘレンド展 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯』

 

会期:1月13日(土)~3月21日(水)
会場:パナソニック 汐留ミュージアム
時間:午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
休館:水曜日(ただし3月21日は開館)

 

 

【プレゼント応募】

 

本展覧会の無料鑑賞券をプレゼント致します。

下記の情報を記入の上、info@pelulu.jp宛にメールにてご応募下さい。

 

名前(漢字/カナ)

郵便番号

●住所

電話番号

Q1:pelulu.jp内で今までで面白かった記事3つをあげるとしたら?

●Q2:今後pelulu.jpで取り上げて欲しい記事を3つあげるとしたら?

 

応募締切日:3月1

プレゼント当選者は発送をもって代えさせていただきます。

 

 

メインビジュアル:色絵金彩「皇帝」文コーヒーセット 1860年頃 ブダペスト国立工芸美術館蔵

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!