検索

この冬の冷え対策はハラマキ!『ほぼ日』と『journal standard luxe』がコラボレートした洗練された逸品を。

おしゃれでかわいいデザインが毎年人気の「ほぼ日ハラマキ」。今年は『journal standard luxe(ジャーナルスタンダーラックス)』とコラボし、シックで大人デザインにハラマキが登場。

 

冬の寒さ対策として紹介したいのは「ハラマキ」。ハラマキといっても、バカボンのパパ的なものではなく、妙齢の女性にうってつけのスタイリッシュなものをご紹介。

2001年から毎年リリースされている「ほぼ日ハラマキ」は、糸井重里さんが「見られても恥ずかしくないハラマキが欲しい」と言ったことから誕生したもの。見られて恥ずかしくないどころか、チラッと見せちゃいたくなるおしゃれなハラマキ。この冬の第一弾は『journal standard luxe(ジャーナルスタンダードラックス)』とのコラボレーション。「luxe chic(ラックスシック)」というテーマのもとに作られたデザインは、上品で洗練されている。その潔いほどのシンプルさは大人の女性にもぴったり。今回コラボすることになったのは、『journal standard luxe』のスタッフがほぼ日ハラマキを使っていることがきっかけなんだとか。

 

 


 

見た目だけでなく、その着け心地にも相当こだわって作られている。製造しているのは新潟県長浜のニット工場。使えば使うほど使い心地がよくなるように、伸び切ったり縮んだりしないように丁寧に丁寧に作られている。ハラマキで気になるのがホールド感。ゆるすぎて隙間が空いていると暖かくないし、締め付けられすぎてもリラックスできない。ちょうどよいホールド感を得るために、糸の芯に入っているゴム糸の伸縮率をできるだけ弱くなるようにに工夫されている。だから、程よいホールド感でなんだかとっても安心できる。

素材はオリジナルの「タオリン」。タオルのような生地感で、通気性がよく吸汗性にも優れているのが特徴。直接肌に触れる部分は綿なので、毛糸のハラマキのようにチクチクしない優しい肌触り。なるほど、これほどのこだわり、冬の定番として愛されている理由がわかる。

ハラマキと合わせて使いたいのが、「けいとのパンツ」。股下の長さがやや短めとなっているので、短めのスカートやショートパンツのとときに着用しても大丈夫。素材に採用されている「うすいタオリン」は、ハラマキに使用している素材の半分程度の薄さなので着ぶくれする心配も無用。

 

 


 

 

ブランド名の刺繍がワンポイント。裏返せば黒いハラマキとしえも使えるリバーシブル仕様。服の下にはもちろん、おしゃれ上級者なら、ちらりと見せて着こなしのアクセントとしてみてはどうだろうか?この冬はハラマキとけいとのパンツで冷えとおさらばできそう。

 

Luxe chic(ハラマキ)白黒¥2,900~¥3,800

Luxe chic(けいとのぱんつ)白黒¥3,800

 

ほぼ日ハラマキ2017冬

http://www.1101.com/store/haramaki/2017_winter/luxe/index.html

 

photograph:kimyongduck

styling:Mari Nagasaka

text : Tomomi Nishihara

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!