検索

D.I.Yビギナーも納得の道具を選ぶコツ!【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも D.I.Yツール編②】

苦手な部分はD.I.Yツールに任せて!独特な笑いを生み出す芸人、バッファロー吾郎の竹若さんによる〝何かものを作りたくなる” D.I.Y.コラムです。

 

前回で道具選びのポイントを伝えましたので、今回はより具体的に「これを揃えろ!」と皆様の財布に訴えて参ります!

 

  • インパクトドライバー

普通の電動ドライバーは回すだけですが、インパクトは打ち込むという機能も併せ持っております。

つまり「トンカチで打ちながらネジを回す」という事をしてくれるので、力の弱い方でも効率よく作業出来ますし、ネジ山が過度の負担を受けてつぶれる事も少なくなります。おそらくD.I.Yの作業の中でも一二を争うぐらいの回数をこなす事となりますので、快適でイライラの無い環境を手に入れて下さい。

そして何より名前が格好良いですね!是非「そこのインパクト取って」や「さて!出番ですよインパクト」と大きな声で言ってみましょう。周囲の見る目が変わります!

 

 

  • 電動丸ノコ

電動のこぎりの方がお手軽で使いやすいんじゃないの?という方が多いと思いますが、実は電動のこぎりを使いこなす方が難しいです。思い描いたラインに切れません。

電動丸ノコは道具としてのサイズは大きくなりますが、大きな丸い歯のおかげで簡単に直線切りが出来ます!この「直線を簡単に切れる」という事はすごく重要です、何故ならD.I.Yの基礎作業では直線カットがほとんどだからです。

ホームセンターでは「大きく手間がかかってない」材料が安く売っております。それらを購入し、車に積め込めるサイズに最低限カットしてもらい、家に帰ってから細かく電動丸ノコでどんどんカットするというパターンが一番安く!お店でのカット料金をかなり節約できますよ!

 

 

  • ディスクグラインダー

様々なディスクを取り付け高速回転させ「削る、切断、磨く」作業を一台で出来ちゃう優等生です。これを手にすると今まで手を出せなかった木材・金属・タイルも自分の守備範囲に入り一気にD.I.Yの世界が広がります!ご近所さん達と開催した流しそうめん大会での竹の節を綺麗にならすのにも大活躍致しました。

 

次のステップとしてこれらの道具はお値段は高くなりますがコードレス化を目指していただきたい!

コードがあるが故の配置や動きの制限は想像以上に大きいもので、コードレス化によってそれらの制限を解放された動作はもはや「作業」ではなく「DANCE」といってもおかしくない程の効率アップと美しさを兼ね備えるのです。

 

そう!目指すは「DIYマスター」ではなく「DIYダンサー」です!

道具についてはまだまだお話ししたいので、いつかまたちょっと違う角度でお伝えしたいなと思います。

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!