検索

【Food】東洋のチーズ「テンペ」の魅力と発酵食品(Fermented Foods)の効果

納豆が苦手でも、大丈夫!美容と健康の味方!大豆をさらにパワーアップさせた伝統的な発酵食品「テンペ」と世界から注目される発酵食品

日本人なら誰もが食べている味噌や納豆は発酵食品(Fermented Foods)の仲間です。発酵特有のニオイがダメ、という人もいるのでは?まずは、納豆みたいなニオイがなくて、お豆腐よりも歯ごたえのある「テンペ」から紹介します。

 

 

テンペって?

今回は、アメリカでは豆腐同様、ポピュラーに食べられているヘルシーフードです。

「テンペ」とは、大豆からできた食べ物です。アジア、特にインドネシアでは何百年も前から食べられている伝統的な発酵食品(Fermented Foods)です。アメリカでは、肉・魚を食べない菜食主義の人達にその代用食品として好まれており、スーパーマーケットの冷蔵コーナーや健康食品コーナーにはいろいろな種類の商品が並んでいます。菜食主義ではないけれど、何となくお肉やお魚を調理するのが面倒な時でもささっとカットしてお料理に加えるだけでお肉・お魚に代わる歯ごたえや味を楽しむことができ栄養も摂れるのもまた女性に人気の理由の一つです。

 

同じ大豆からできるお豆腐や納豆との違いは?

テンペは大豆を発酵させて作ります。大豆を煮た後に発酵のため「テンペ菌」を加えます。
納豆のような粒ではなく塊になっており、納豆のように糸を引いたり強いにおいもありません。納豆が苦手な方にもオススメです。豆腐のようにすぐ崩れることはないので炒めたり煮ても形が残り、程よい嚙み心地があります。
ナッツに似ているような豆の香りと味がありますがクセがなくて食べやすいと思われる方が多いでしょう。そのため、お料理に取り入れても他の食材や調味料と馴染みやすいのがポイントです。「東洋のチーズ」と呼ばれることもあり、カマンベールチーズの風味に例える人もいます。

 

「テンペ菌」の持つ驚きの力に集まる注目!

納豆菌よりも野菜や穀類、薬草などの素材の効果を向上させることがわかってきました。テンペ菌には抗菌作用があるため、腸内に居座る悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整えるのに役立ち、免疫力アップも期待できるのです。
また、テンペ菌の持つ「血糖値を下げる」作用や「ヘモグロビンA1Cの値を下げる」作用が研究され、糖尿病患者や糖尿病予防の強い味方としても注目を集めています。

 

 

「テンペ」は栄養の宝庫!!

テンペは高たんぱく、低脂肪、コレステロール・フリーの健康食品です。発酵によってミネラルや栄養素が効率良く消化吸収されます。栄養の宝庫であるテンペを食べると次のような効果が期待できます。

 

18タイプのタンパク質、アミノ酸→筋力アップ、持久力アップ、食欲抑制

イソフラボン(抗酸化物質)→がん予防、アンチエイジング、更年期障害の予防

ビタミンB群→肌細胞の老化防止、皮膚の健康

ミネラル分→新陳代謝アップ

食物繊維→腸の活性化、便秘解消、大腸がん予防

ダイズサポニン→がん予防、高血圧予防、動脈硬化予防、肥満予防

レシチン→動脈硬化予防、細胞の老化防止、脳の活性化、美肌効果

 

毎日が忙しく、お食事による栄養の偏りが気になる時など、ぜひこの栄養満点なスーパーフード「テンペ」をプラスしてあなたの美容と健康にお役立ててみてはいかがでしょうか。

 

「テンペ」の他にも世界が注目している発酵食品(Fermented Foods)がまだまだあります。

 

 

代表的な食品ではキムチ、ザワークラウト、ケフィア、コンブチャ(*)などもありますが、シェフからヘルシーコンシャスな人たちが今こぞって食べている発酵食品(Fermented Foods)って一体何が身体にいいのでしょうか。

 

発酵食品(Fermented Foods)とは?

カビや酵母などの微生物の働きを利用して、そのままでは食用が難しかったりしたものを微生物に分解させることによって食材の成分を変化させ風味や栄養価を増す事です。腐敗との違いは人間に有効な場合に限って「発酵」と呼び、食材を発酵させる菌を善玉菌と呼んでいます。

 

どうして発酵食品(Fermented Foods)が身体にいいの?

発酵食品(Fermented Foods)は生きた微生物(プロバイオティクス)が含まれており、ビタミンやミネラルなどの栄養分を胃や腸内で消化・吸収をしやすくさせます。また、コレステロール値を下げ、抗酸化作用(アンチエイジング)、整腸作用が、抗ガン予防などの効果もあります。

 

効果的な食べ方は?

毎日継続して発酵食品(Fermented Foods)を食べること。また物によって、納豆菌、乳酸菌、酵母菌、麹菌、など違いがあるので、出来るだけ多くの種類を食すること。酵素は熱に弱いため、加熱はせず生のまま食する。

 

代表的な発酵食品(Fermented Foods)

大豆—納豆、しょうゆ、みそ

乳製品—ヨーグルト、チーズ、ケフィア

野菜—ぬか漬け、キムチ、ピクルス、ザワークラフト

穀物—甘酒、パン

果物—ワイン、バルサミコ酢

 

発酵食品(Fermented Foods)の効果は?

整腸作用に効果—ヨーグルト・キムチ・ピクルス・コンブチャ(*)(乳酸菌)、ぬか漬け・キムチ(食物繊維)

ダイエットに効果—キムチ(カプサイシン)、酢・コンブチャ(*)(アミノ酸)

美肌に効果—味噌・納豆(ビタミンB2)、ザワークラフト(ビタミンC)、チーズ(ビタミンA)

疲労回復—ピクルス・酢(酢酸)

血液循環—納豆(ナットウキナーゼ)

アンチエイジング—コンブチャ(*)(ポリフェノール)、ザワークラフト(ビタミンC)

 

 

(*)コンブチャ(紅茶キノコ:モンゴルが発祥の地で、ロシアでは伝統的に飲まれている発酵飲料)は消化機能・免疫力・アンチエイジング・体重コントロール・美肌効果などに効果があると言われているドリンク。

 

取り入れやすい食材から無理なく日常の食生活に組み込んでいけそうですね!

 

 

BETTER MARCHEより

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!