検索

寒い冬にはお鍋、福岡名物炊き餃子、今泉「池三郎」【Bliss! Happy Foodie Life ーVol.26】

地元女子一押しの餃子は、炊き餃子 I ain't no Foodie! 至福の時間は美味しいときに訪れる  食べて!飲んで!恋をして!

寒い日が続くと、お鍋が食べたくなります。そんな時に思い出すのは、「炊き餃子」。福岡は知る人ぞ知る餃子が有名な街です。鉄鍋餃子など、東京にも進出している餃子屋さんが結構ありますね。阿佐ヶ谷の「なかよし」は何回か行ったこともあり、福岡の餃子は美味しいと知ってはいたものの、なんと、「炊き餃子」という聞いたことがない、初耳の餃子の存在を、地元の食いしん坊が教えてくれました。

 

「炊き餃子」とは、簡単にいえば「スープに餃子を入れたもの」です。餃子は水餃子のような感じで、モチモチの皮で鶏ひき肉とお野菜を練りこんだ餡を包み、鶏ガラや豚骨を煮込んだスープで炊いた(煮た)餃子のお鍋です。人気のある「池三郎」の炊き餃子をご紹介します。

 

実は、初めて行ったのは、天神は大名の路地裏にある古民家を改装した「池田屋」です。ここは、恐らく初めて行くときはわからない、まさに隠れ家です。路地裏の中に入ると、ガラス張りで木の温もりも感じるお店が現れます。地元の食いしん坊女子たちが女子会に設定したのが、こちらでした。まずは、彼女たちオススメの「竹どうふ」と「ゴーヤの酢の物」を。お豆腐はとぅるんとぅるんで、タレをつけていただきます。人気のメニューでなくなることもあるので、豆腐好きなら、まず、こちらをオーダーすることをオススメします。

 

 

 

今回伺ったのは天神近くの「池三郎」でしたが、最初にできたのは西鉄平尾駅にある「池田和三郎商店」です。天神界隈に3点を展開している炊き餃子の名店です。

 

続いて、手羽にうずらが詰まっている「手羽うずら玉子焼き」を。パリッとしている皮の手羽でうずら玉子を包んで焼いているのですが、ボリューム満点で美味しい。焼き鳥文化の福岡ですから、美味しいのは当たり前といえば当たり前ですけど、美味しい。これも、オススメです。

 

 

お刺身もあります。福岡といえば、「ごまさば」は是非食べたい一品。そして、案外、普通に食べられている焼き「豚足」。デパートの地下や日本一の売上を誇るという「伊都菜彩」でも売っている焼き豚足。豚足は沖縄で煮たのは食べたことあるけど、と思いながら注文したら、断然焼き豚足の方が好きでした。(写真右側)コラーゲンたっぷり!

 

 

さて、そして、メインの炊き餃子。

コクのある、旨み満載の濃厚なスープに、ネギがたっぷり、そして餃子が浮かんでます。想像していたスープより、断然濃厚です。餃子の餡がお野菜もたくさん入っているからか、それほど重たくはなく、餃子お代わり!という気分にもなります。豚骨ラーメンのようなこってり感はなく、スープも最後の一滴まで飲めそうです。

 

 

 

でも、ちょっとまった!です。〆が待っています。〆にはご飯とちゃんぽんを選べるのですが、九州といえば、ちゃんぽん。ここはちゃんぽんを選びます。美味しそうでしょ!スープはもちろん、継ぎ足してくだいます。

 

 

福岡は、美食家が愛するフレンチや日本料理もあれば、庶民の味方の餃子やラーメンも本当に美味しくて、わざわざ食べに行くことが当たり前になっている街。福岡市内からちょっと足を伸ばせば、また違う「ローカルガストロノミー」にも出会えます。東京から行く場合は、飛行機で行くことになると思いますが、空港からのアクセスの良さがとても便利です。問題点といえば、ライブや学会などがあるときは、ホテルが取れない、もしくは、宿泊料金が通常の何倍もに値あがってしまうこと。すぐに行ける気軽さがあるものの、ホテル難民にならないように、ある程度余裕を持って計画をたてる方が良いですね。

 

最近、東京でも「炊き餃子」のお店ができたと聞きます。まだ、東京では行ったことはないですが、本場の味を知っているからこそ、東京でも行ってみようかなと思います。

 

 

 

炊き餃子 池田和三郎

http://takigyouza.com/

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!