検索

2018年 おいしく食べてキレイになれる! 代謝を良くして肌あれを防ぐメンテナンスレシピ <やせにくい、肌あれ>

慢性的プチ不調、実は偏った食生活が原因の一つかも!不調を改善する食生活に切り替えて、ヘルシーな自分を取り戻そう!

病気ではないけれど、なんとなく感じるだるさ、疲労感、肌荒れ、むくみ・・・。心身ともに健やかでいるためには基本となる食事が大事。症状別に効くレシピを紹介します。

 

TROUBLE7 やせにくい

年齢とともにやせにくいと感じるのは、代謝の低下によるもの。ストレスや紫外線などの環境により毒素がたまると、食事や運動量を見直しても、やせにくい体質になってしまいます。さらに脂質や糖質をエネルギーに変える際に必須となるビタミンB群や鉄分が不足すると、代謝低下がますます深刻に。ビタミンB群を豊富に含む食材は、まぐろ(赤身)やカツオ、イワシなど血合いの多い赤身魚。スーパーで手に入れやすいまぐろのお刺身を使って、おかずになる一品を。あとは、食べ方も注意が必要。早食いは満腹感を感じにくくさせてしまうので、時間をかけて味わいながらいただきましょう。これから寒い季節が続きます。冷えも毒素をためる原因になるので、体の内側から暖かくなる食事も心がけましょう。

 

 

まぐろのステーキ 柚子胡椒しょうゆソース

材料(2人分)

●まぐろ赤身(刺身用) 1サク ●オリーブオイル 大さじ1 ●しょうゆ 小さじ2 ●みりん 小さじ1 ●塩 少々 ●黒こしょう 少々 ●柚子胡椒 小さじ1/3〜1/2

<つけ合わせ> ベビーリーフやミニトマトなど

作り方

①まぐろに塩とこしょうをふる。フライパンにオリーブオイルを入れて、中火にかけ、まぐろを両面焼いて取り出す。(お刺身用なので、中までしっかり火を通さなくてもOK)。

②同じフライパンにしょうゆ、みりん、柚子胡椒を加え、軽く火を通してソースを作る。

③マグロを食べやすい大きさにスライスして器に盛り、②のソースをかける。

 

 

TROUBLE8 肌あれ

鶏手羽元には、コラーゲンやたんぱく質、ビタミンAなど、美肌効果の高い栄養素がたっぷり。じっくり煮込むことでコラーゲンがスープに溶け出し、鶏と野菜のハーモニーで旨みも倍増。さらに酢を加えて煮ると、鶏の骨に含まれるカルシウムを溶かす作用があり、健康面での期待も大。肉は酸っぱいものと食べることも、栄養素を効率よく食べることにつながります。野菜をやわらかく煮込んでつくる具だくさんのスープが肌あれや冷えを解消!

 

 

鶏手羽コラーゲンスープ

材料(2人分)

●鶏手羽元 4本 ●にんじん 1/4本 ●玉ねぎ 1/2個 ●ほうれん草 50g ●長ねぎ 1/2本 ●クコの実 6個 ●酒 小さじ1 ●塩 小さじ1/2 ●酢 小さじ1 ●しょうがスライス 2枚 ●水 800ml

作り方

①人参と玉ねぎはひと口大煮切り、ほうれん草はよく洗って5cm幅、長ねぎは3cmのぶつ切りにする。鶏肉に塩をまぶして1時間以上冷蔵庫で寝かせる。(一晩おいてもOK)。

②鍋に水、しょうが、クコの実、長ねぎ、酒を入れて火にかけ、沸騰したら水気をふいた鶏肉、にんじん、玉ねぎ、酢を加える。アクを取りながら30分弱火で煮込む。

③最後にほうれん草を加えてさっと火を通し、塩をふり味を整える。

 

 

 

kiitos. キイトス 07号より

 

 

 

突然ですが、現在ペルルでは1年間のみなさんの頑張りをねぎらいたく、
旅から気になるブランドのファッションアイテム、シューズ、バッグ、コスメまで、豪華プレゼントを多数ご用意して、年末年始スペシャルプレゼントキャンペーンを実施しております。
ぜひみなさまのご応募、お待ちしております!

 

【応募方法】

プレゼントのご応募はこちらからどうぞ!

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!