検索

2018年開運への道。ビューティ×占い ムーブメントのパイオニア 【CosmeKitchenのPR・福本敦子さん×西洋占星術 師・ジョニー楓さん対談】後編

コスメキッチンのイベントで知り合ったプレスの福本さんと人気西洋占星術師のジョニー楓さんのお二人による、気になる対談をお届け。

 

 

ビューティからインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」まで、豊富な知識で日本にオーガニックコスメの夜明けをもたらしたCosmeKitchenのPR・福本敦子さん。想像力を刺激するポエティックな言葉で、星々からのたよりをファッショニスタに届ける西洋占星術師・ジョニー楓さん。そんな二人のパワーが合わさって生まれたコンテンツは、コスメ・占いの枠を越えて、現代のさまざまな分野に影響を与えるカルチャーにまで発展しています。お互いが刺激になって高め合う二人。対談の後半をお送りします!


 

純粋に楽しむ気持ちがカルチャーに

 

—会いに行ける人気占い師。……やっぱり直接会わないと運勢は読みにくいものなんですか?

 

ジョニー いや、そうでもないよ。メールでも相談くるしね。

 

福本 スカイプ占いとかやっちゃえば(笑)。

 

 

ジョニ 占星術で大切なのは、シミュレーションや分析、そして想像力。意外かもしれないけれど、霊感や直感なんかとは別の世界なんです。でも、福本さんは元々の体質がそんな直感的な感じで。ホロスコープを含め彼女をよく知っていくごとに「この惑星とこの惑星がつながってるから、非物質的、つまり目に見えないものをこの子は感じられるのかな?」と。今まで自分があまりピンとこない世界も理解できるようになった気がするよ。

 

 二人とも「どうやって見せていこう」みたいな気持ちはなかったよね。それが正解かわからないけど、そんなこと考える暇もなかったっていうか。

 

—お互いがやってることに夢中だったから、作られた感じがなくて、嘘なく伝わっていったのでしょうね。セレクトショップに占い師がいたり、ファッション・ビューティと占いを結びつける流れはどんどん広まっていきました。

 

ジョニ 流行らせようとしてたわけじゃないんだけどね。偶然の出会いから、純粋なきっかけで始まってるから、真似しようとしてもなかなか難しいとは思うよ。

 

福本 どっちかっていうと、お互い「負けねぇぞ!」って感じだったからね(笑)。

 

 

PRの力、開眼

 

—今もそうですけど、10年前に占いだけで食べていけてたのがすごいですよね。

 

福本 職人さんとかもそうなんだけど、一人前になるまでの時間を考えると、誰かが形にしないといけない。技術があっても社会に届くようにしないと、機能が機能していかない。初めてジョニーさんに会った時「どうやってこの人を伸ばしていこう」って思ったんです。当時はまだショップスタッフで、PR的な視点とか、自分がそういうこと考える人って気づいてなかった。破天荒な占い師が現れたことで、自分の内面と向き合う材料をくれたって感じ。

 

ジョニ もし若い子に届くようになっているとしたら、福本さんと出会って占いの解釈が広がったからだよ。同世代の友達とずっといると、自分たちの感覚が常識だって勘違いしてくるでしょう? 例えば、自分と同世代をレントゲンだとします。そしてその次の世代をCTスキャンだとします。そうすると、どう考えてもレントゲンよりもCTスキャンの方が優れている訳で、割り切れない事があるとしても取り入れていった方が、当然未来は広がる。それが、福本さんぐらいの世代になるとCTスキャンを軽く飛び越して、もうMRみたいな世界観なんですよ。もう割り切れないないなんて言っている暇ありませんよ(笑)。つまりレントゲンの世代同士でずっと一緒にいたらその人の世界観は当然レントゲンのままだし、CTスキャンの世代に理解を示せせればまた少し世界が広がるし。自分の場合はそこで止まらず、MRの世界観も福本さんお陰で知れたので凄く世界が広がりました。そしてそれは、直接占星術の解釈の大改訂にもつながりましたよ。例えば、占星術の教則本を見て、「あぁ、この人の解釈はCTスキャンまでの世界観で止まっているな」みたいに。それにしてもレントゲンの世界から見渡すMRの光景は、それは壮大だったよ。

 

福本 後日、アーユルヴェーダの“ダルマチェック”で調べてみたの。“ダルマチェック”は、その人の気質や才能が100%活きて、一番根っこの純粋な想いが叶う活動はなにかを、体質とか脈診で導き出してくれる診断。私の場合は「秩序と調和をもたらして、おだやかに確実に発展と成功を導く」っていうのが人生の課題だったんです。

 

—ジョニーさんとの活動って、まさにそれですよね。

 

福本 自分で何かを発信するわけじゃないけど、魅力的な何かのために枠組みをつくって場を設定してあげる。自分の想いを叶えられる場だってことが、あとでわかりましたね。

 

  

「オヤジは若いやつの言うことを聞いた方がいい」

 

—お二人、ケンカとかするんですか?

 

福本 ケンカ……すごいよね(笑)。

 

ジョニ さっき言ったレントゲンとMRの違いでぶつかって、俺が受けとめて「なるほど」ってなることが多いけどね。もう今では、二人で何かやるとき、だいたい俺が福本さんにアイディアを聞くようになった。その逆も当然あるけれど、7対3くらいの割合で(笑)。「こっち行ったらおもしろいんじゃない? こっちは危険だとおもうよ」みたいな、不透明な道の先を読む力が福本さんにはあって。そこに、俺が惑星の動きで結果の説明をあとからつけていったりね。彼女を通して占星術のわからなかった点がよくわかるようにもなりましたよ。ちょっと難しい話かもしれないけど。

 

福本 ジョニーさんがえらいのは「16歳も下の女の子に言われた」みたいなプライドがなくて、人の意見として聞いてくれる。ケンカしても絶対反省してくれて、だいたい2日後に謝ってくる(笑)。ケンカ終わった時点で「今回は3日間くらいかな」みたいに、クールダウンに何日必要かってことを先に考えてますね。

 

ジョニ 世界観はもちろん、容量とか処理スピードとか、年とってる人は若い人に比べると全体的にギガ数が低い。ギガ数の高い彼女と出会ってそう素直に思えるようになった。今では年寄りは若い子に任せておいた方がいいと心から思うよ。年上の人たちがいつまでも社会で幅きかせていると、若い芽が育たない。未来に夢を描けないというか、そういうのが草食系や引きこもりを生んでいるような気もする。結論としては、オヤジは若いやつの言うこと聞いた方がいい。なぜならギガ数の高い子をわざわざギガ数の低い世界に無理に合わせさせるようなものだから。夢が描けなくてそりゃ当然だよ。

 

福本 そうやって思えるのがすごくないですか? そうじゃないおじさんいっぱい見てきてるから。

 

—……とはいいつつもモテたい盛りですよね(笑)。

 

ジョニー それはあるけど(笑)。そんなのちっちゃいことですよ。若いガキに理解のない経営者が相談に来ると、「かわいそうに。もったいねぇーっ!」って思う。その会社はそれで止まっちゃうわけだからね。

 

 

モノへの固執よりも、革新性や進化が大切

 

—ボトムスの色まで同じですね。他の場所でも「今日の2人はこうしよう」みたいなのあるんですか?

 

福本 「何着んの?」って2日前に聞いたら「まだ決めてない」って言うから。こっちは合わせようとしてるんだけど、それが伝わらなかった(笑)。彼は、占いをやってくれればいいんです。場を整えるのは私の役目だから。

 

ジョニ そこを俺が口出ししていくと古い世界観になっちゃうしね。俺の技術だけを、彼女になんとかしてもらう。彼女と出会ってからは、いたってシンプルに占いを磨くことに専念できた。一人でやると未だに仕事の見え方よくわからないから、イベントだったり雑誌だったり、彼女に全部アドバイスをもらってるよ。

 

福本 全然言うこと聞かないじゃん(笑)。性別や年代の違いもあると思うけどね。

 

ジョニ ロジックとか説明が不要でも完璧な世界ってあるんだなって、この人といると思うよ。

 

—PeLuLuは大人の女性に向けたモノコトマガジン。こだわりの道具があれば最後に教えていただけませんか?

 

ジョニ うーん……。あまりないかなぁ。古いものを使いすぎず、定期的に新しいものに買い換えようとは思ってるよ。これも若い子から教わった教訓だね。更新やアップデートはマメに、まさに今の世相のように。あ、オーガニックコスメは大切だけど。

 

福本 そういうコマーシャルっぽいのはいらない(笑)。ジョニーさん、トレードマークいっぱいあるしね。

 

ジョニ 一つの価値観や方向性に縛られてしまうと、世界が狭くなると思うので。固執するよりも、革新性や進化を大切にした方がいいと思うよ。

 

違う星から未来を見渡しているかのような先見の明で、シーンを切り拓いていく福本さん。世代や性別を越える言霊で、綺麗になりたいすべての人の心を癒すジョニーさん。どうもありがとうございました。お二人の10年後、20年後が楽しみです!

 

 

photograph:Tatsuya Irie

interviewer & text : Kisei Shiojiri

 

 

 

 

突然ですが、現在ペルルでは1年間のみなさんの頑張りをねぎらいたく、
旅から気になるブランドのファッションアイテム、シューズ、バッグ、コスメまで、豪華プレゼントを多数ご用意して、年末年始スペシャルプレゼントキャンペーンを実施しております。
ぜひみなさまのご応募、お待ちしております!

 

【応募方法】

プレゼントのご応募はこちらからどうぞ!

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!