検索 はてなブックマーク

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』5/13公開

今最も注目される詩人・最果タヒ原作。渋谷、新宿を舞台に優しくてぶっきらぼうな最高密度の恋愛映画が公開!

2013年『舟を編む』で賞を総なめにした石井裕也監督最新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 2017 5 13 日に新宿ピカデリー、ユーロスペースにて先行公開、5月27日より全国公開されます。

 

原作は、最果(さいはて)タヒの同名詩集。2008年、当時女性では最年少の 21 歳で第 13 回中原中也賞を受賞するなど、各メディアから「新しい表現者」として今最も注目されている詩人です。彼女の詩は、平易な言葉で綴られ、これまで難解なイメージがあった現代詩という概念を覆し、静謐で透明感のある言葉の連なりで、小説では表現しきれない現代人の憂鬱や希望を浮き彫りにしていきます。

 

渋谷・新宿を舞台に繰り広げられる現代の東京のラブストーリー

 


 

映画の舞台となるのは 2017年、現代の東京。看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない 不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず 日々をやり過ごす美香と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、 恋がはじまる瞬間を描くラブストーリーです。

 


 

美香を演じるのは、石橋凌と原田美枝子の次女、本作が映画初主演となる石橋静河(いしばししずか)。慎二には、石井監督作品への出演が『ぼくたちの家族』、『バンクーバーの朝日』に続き 3 度目となる、池松壮亮。

 

 


 

その他にも、慎二と同じ工事現場で働く冴えない中年男性・岩下を田中哲司。同じく慎二の同僚で、行き場のないイラ立ちを抱える智之を 松田龍平が出演するほか、市川実日子、佐藤玲、三浦貴大など豪華かつフレッシュなキャスト陣が名を連ねます。 さらに昨年 2016 年に結成 10 周年を迎えたロックバンド、The Mirraz(ザ・ミイラズ)がエンディング曲を担当します。

 

この春、東京に初めて住む人も、長く東京に暮らしている人も、この映画を通して現在の東京を体験してみて。

 

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

http://www.yozora-movie.com/

 


監督・脚本:石井裕也
(『舟を編む』)

原作:最果タヒ(リトルモア刊「夜空はいつでも最高密度の青色だ」)

出演:石橋静河、池松壮亮、佐藤玲、三浦貴大、ポール・マグサリン、市川実日子、松田龍平、田中哲司

エンディング曲:The MirrazNEW WORLD

©2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

2017513() 新宿ピカデリー、ユーロスペースにて先行公開

2017527() 全国公開

 

Share
はてなブックマーク
Follow us!
Follow us!