検索 はてなブックマーク

幻の魚『ビワマス』を堪能できる滋賀県発の食の祭典へ出かけよう!

滋賀の魅力は琵琶湖だけではありません。 この秋、美食のまちとしての魅力を実感できるアンテナショップ&レストランが日本橋にオープン! 毎月一週間限定で催される「滋賀の食ざい」限定メニューフェア第一弾「ビワマスと琵琶湖の堪能祭」をご紹介します。

日本一の湖である「琵琶湖」、日本最古の焼き物の産地「信楽焼」、世界文化遺産である比叡山延暦寺、

ゆるキャラ ひこにゃんでもお馴染みの国宝「彦根城」など、観光名所が盛り沢山の滋賀県。

 

実は、湖ならではの水産資源や、近江牛に近江野菜、地酒など、美味しい魅力に溢れています。

そんな、地元ならではの美食を東京でも味わえる貴重なレストランが、ここ滋賀2Fの『滋乃味』。

見逃せないのが、月に1度、滋賀の名店の料理長が監修する特別メニュー!

毎月テーマに合わせ、地元でもなかなか味わえない、スペシャルなディナーを体験できるのです。

 

 

第一回目は「ビワマスと琵琶湖の堪能祭」

滋賀の人気料理店、ひさご寿し料理長の川西氏が監修した、ビワマスコース。

 

「幻の魚」、「琵琶湖の宝石」、とも言われるサケ科の琵琶湖固有種である「ビワマス」。エビを食べて美しく赤みを帯びた身は、上品な脂の旨みととろける味わいが絶品!

 

 

さて、今回のコースでは、料理長川西氏の手によって、

ビワマスの魅力が存分に発揮された多彩なメニューが展開されます。

滋賀の地酒とともに「ビワマス」を様々な角度から味わい尽くす。

一皿味わうごとに、お料理ひとつひとつに込められた滋賀への思いが伝わってきます。

貴重な食材を名店の料理長が腕を振るって料理する。

まさに、贅沢の極みと言えるひとときを、堪能しに是非『滋乃味』へ。

12月2日(土)からは「琵琶湖の恵みと伝統野菜」、1月は「鮒寿し」を展開予定。

詳しくは、ここ滋賀公式サイトをご覧ください。

 

 

 

【滋賀の食材限定メニューフェア】

ビワマスと琵琶湖の堪能祭

期間:11月18日(土)~11月23日(金)

場所:ここ滋賀2F 『滋乃味』

ご予約:03-6281-9872

 

【情報発信拠点 ここ滋賀】

東京都中央区日本橋2-7-1

1F マーケット10:00~20:00、地酒バー10:00~23:00

2F レストラン 11:30~14:00/18:00~23:00

HP:http://cocoshiga.jp

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

Follow us!
Follow us!