検索

大人女子のための『建築』のすすめ。【多屋澄礼のカルチュアルな生活】

30代40代のカルチャー女子必見!音楽、映画、本、アートに囲まれた上質な生活をスタンダードに。多屋澄礼によるお勧めの展覧会やイベント、作品をご紹介します。

 

建築と聞いてワクワクする女子はあまり多くないかもしれません。どこか男性的なイメージを抱きがちな建築ですが、趣のあるレトロ建築はとってもロマンチックだし、未来を感じさせてくれる近代的な建物に女子だってワクワクしちゃいます。建築が持つ魅力を男性だけのものにしておくのは勿体無いですよね。


東京には現存する歴史的建造物が沢山残っているのをご存知でしょうか?
巨匠フランク・ロイド・ライトの「自由学園明日館」やジョサイア・コンドル設計の「ニコライ堂」(正式名称:ハリスト正教会教団復活大聖堂)、最近では隈研吾による根津美術館など、美しい曲線を描く窓枠や大胆な屋根のデザインなど、眺めているだけで心が浄化されるような清々しい気持ちになる体験は格別です。


日本には世界に誇れる建築家が沢山います。名前は聞いたことがあるけれど、実際どんな作品を手がけたのか分からないので、もしかしたら普段何気なく見ている建物が有名な建築家が手がけていた!ということもよくあります。その建物の背景にあるストーリーを知ると、東京の風景もまた違った風に見えてくるかもしれません。

 

 

Processed with VSCO with p5 preset



日曜の早朝に誰もいない丸の内や日本橋などのオフィス街を建物を眺めながら散歩するのが私のお薦めです。

 

 

 





COREDO日本橋から見える福徳神社。日本古来と神社が都会的なビル街に融合している眺めが特にお気に入りです。

建築入門としてお薦めの展覧会が現在、国立美術館で開催中です!
表参道ヒルズや東京メトロ・副都心線の渋谷駅の設計デザインを手がけた安藤忠雄さんの作品を網羅した展覧会「安藤忠雄展-挑戦-」。

 

 



こちらの展覧会では今まで手がけたプロジェクトの模型や安藤忠雄さん直筆のスケッチ、直島のプロジェクトの巨大ジオラマで安藤忠雄さんの軌跡を辿ることができます。事務所の部屋の再現したコーナーではコルビジェの本など気になるものが沢山ありました。

 

 



有名な「光の教会」も再現されていて、十字形に差し込む光はどこか神々しく、写真を撮らずにはいられませんでした。

 



展覧会のカタログには一枚ずつ安藤忠雄さんが描いたスケッチが!抽象画のようにも見えるこのスケッチ。安藤忠雄さんの頭の中では、建築はこんなイメージで描かれているのかしら?と想像してしまいます。


建物の魅力を知ると、街中には美しいデザインがこんなに沢山溢れているんだと感動します。ぜひいつもよりちょっと早起きして建築散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

ちなみに現在ペルルでは人気プレゼントサイト「モニプラ」でプレゼントキャンペーンを実施しております。

ぜひみなさまのご応募、お待ちしております!

 

【応募方法】

プレゼントは下記のサイトからご応募ください!

記事を読んでコメントを記載いただくだけで応募完了です。

https://monipla.com/sun-a/campaigns/16677

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

Follow us!
Follow us!