検索 はてなブックマーク

「京都の味・イノダコーヒを、東京でも」【甲斐みのりの隙間の時間】

雑誌やwebメディア、書籍など、様々な場所で活躍する文筆家、甲斐みのりさんによる日々の気づきを記したエッセイです。

 「イノダコーヒ」のレモンアイスがおいしいと教えてくれたのは、京都の喫茶店「六曜社」でドーナツを作る美穂子さん。それからというのもの、朝食セットや、サンドイッチ、スパゲッティを繰り替えし選んでいた中に、レモンアイスが加わった。

 

 午前中の早いうちから、東京駅近くの出版社でクリスマスの取材を受けたあと、30分だけと決めて「大丸東京店」に寄り道。8階の「イノダコーヒ 東京大丸支店」で、仕事を離れた束の間の時間を過ごす。午後から別の場所で仕事があって、腰を落ち着けてはいられない。そんなとき、のんびり口に運べば溶けてしまうアイスクリームは、ちょうどよかった。

 

 レジで会計を済ませながら、物販コーナーに並ぶポットが、ふと目に入る。京都から東京に住まいを移し16年。上京しても、毎朝起きがけに湯を沸かすとき、京都での暮らしを思い出せるように。そう思ってイノダコーヒのポットを使い始めてから、今のですでに3代目になる。朝だけでなく、一日に何度も湯を沸かす日もあるから、ポットの口の下が焦げ付いてしまい、5年ほどで水が漏れてくる。そのたびまた、同じ物を買い直してきた。

 

 3代目のポットも、そろそろ口の下が危うい。ちょうど少し前に買い替え時期かなあと考えたばかりだった。これから移動することを考慮しても、京都から持ち帰るより東京で求めた方が都合がいいだろうと、4代目に手を伸ばした。3代目までは小さなサイズにしていたけれど、4代目は大きなサイズを選ぶ。

 

 レジの後方に置いてあった、トートバッグもともに購入。これから根を詰めての取材が始まるので、資料を持ち運びするのにちょうどいいサイズ。イノダコーヒの黄色い手提げ袋を左手で持ち歩く間、右肩に下げた重い荷物も苦にならず、足取りも軽く感じられた。

 


イノダコーヒのポット。左が3代目で、右が4代目。

 


イノダコーヒのトートバッグ。

 


オレンジ色の手提げ袋。

 


「イノダコーヒ 東京大丸支店」で食べた、レモンアイス。それからミルク入りのコーヒー。

 


8階にある「イノダコーヒ 東京大丸支店」は、窓からの眺めもいい。

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

Follow us!
Follow us!