検索 はてなブックマーク

リアル店舗ができて嬉しい、深沢キッチンの福岡は糸島産の食材を堪能できるお惣菜【Bliss! Happy Foodie Life ーVol.17 】

喋り担当の社長と無口な料理人の愛あるお惣菜 I ain't no Foodie! 至福の時間は美味しいときに訪れる  食べて!飲んで!恋をして!

福岡の糸島は、綺麗な海が広がり、美味しいお野菜や果物、魚介類からお肉まで、なんでも揃う、素敵なところ。糸島に興味を持ち始めて、通うようになって、地元の農家さんや企業さんと知り合いになり、その縁で、東京でケータリングをしているというご夫婦と知り合いになりました。身近なようで身近でないケータリング。まず、個人的に頼めません。その人たちのケータリングを楽しみたいからと、彼らが作るお料理が出るパーティに行くこともあり得ない。でも、そのくらい、魅力的なケータリングをしているご夫婦が、お惣菜を販売するリアル店舗を始めました。今回は、その深沢キッチンをご紹介します。

 

Eminaさんと横田渉さんのご夫妻は、CONVEYという会社をしています。喋り担当で社長の奥様Eminaさんと料理担当の旦那様渉さんのお二人は、ケータリングから食のコンサルタント、そして深沢キッチンの営業まで手がけています。

 

まずは、私が最初に出会ったケータリングのお料理から。この日は食に関する本の出版記念のイベントでした。

糸島の食材を使ったお料理です。

 

 

横田シェフはアメリカのナパでシェフをしていた方で、本も出版されています。力強いお肉料理とお野菜を豊富に使ったメニューが魅力的。盛り付けをはじめとするプレゼンテーションはEiminaさんの担当です。

 

 

 

 

そして、年に数回、茨城の久松農園さんとのコラボレーションによる、Spot & Tableという素敵なイベントを企画しています。お野菜の収穫をして、そのあと、畑の真ん中でロングテーブルを囲んでディナーです。(収穫したお野菜は、持ち帰りできます)この写真は、日が暮れる畑の中で、キャンドルを灯してディナーを待っているところ。

 

 

 

 

 

こんな素敵なお料理を自宅で楽しめるのがクリスマスディナーのメニュー、ローストビーフとたっぷりのお野菜のグリル

 

これまでは、ケータリングやパーティー、クリスマスにしか楽しむことができなかった横田シェフのお料理を、やっと、もっと身近に楽しめることができるようになりました。

 

今年の秋にオープン一年を迎えた、深沢キッチン。こちらは、ある日の深沢キッチンのメニューです。

 

 

お惣菜の定番メニューからビストロ風なメニューまでいろいろ揃っています。

 

 

 

 

お惣菜のメニューが充実していて、フルコースを楽しむことも、何か一品を買い求めることもできます。美味しくて、こんなにお手頃に食べることができるなんて、働く女性の味方!素材も、身体にいいもの、安全なものを厳選されているので、とても安心。

 

商店街にある笑い声が聞こえる深沢キッチン、週末のホームパーティのおもてなしに、普段のおかずの一品に、ちょっと出かけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 深沢キッチン

http://www.fukasawakitchen.tokyo

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

Follow us!
Follow us!