検索

カラーバランスで魅せる、ホワイト×ベージュのコーディネート

今日の気分は何%? 足し引きが楽しい、定番カラーの色合わせ。

“ホワイト×ベージュ”のコーディネートは白の分量によって難易度が決まる色合わせ。落ち着きのあるベージュでトーンを和らげると、クラシカルな印象や大人らしさが増すので、気分やスタイルによってカラーバランスを調節して。

 

■Pattern01>White1:9Beige

 白シャツで際立てる、こなれたベージュトーン

 

これからの季節、出番の多くなるロングコートにワイドパンツを合わせて大人らしさを引き上げた着こなし。コートとコーデュロイパンツのボリューム感は、白シャツをインにして、引き算のバランスでまとめるのが素敵。

コート¥78,000/colenimo(マッハ55リミテッド)、ブラウス¥13,000/NOMBREIMPAIR(ノンブルアンペール自由が丘店)、パンツ¥15,000/FIL DE FER(フィル デ フェールたまプラーザ店)、バッグ¥89,000/LAAEL(ゴールディ アッシュ・ペー・フランス)、帽子¥8,000/SANTELLI FRANCESCA(ニーム 京王百貨店新宿店)、ネックレス¥14, 000/petite robe noire(プティローブノアー)、靴下¥1,400/Tabio(タビオ)、パンプス¥35,000/chausser(プリュス バイ ショセ)

 

 

クリーンなカラーブロックが生むナチュラルモダン

 

濃いベージュと白のコントラストが際立つ装いは、スタンドカラーのブラウス、ベルスリーブカーディガン、ビスチェ風チノなど、どれもディテールが光るモダンなデザイン。オブジェのようなかごバッグで抜け感を添えて。

カーディガン¥15,500/H/standard(アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ店)、ブラウス¥39,000/TOUJOURS(トゥジュー 代官山ストア)、パンツ¥19,000/RBS(ビームス ウィメン 渋谷)、ブローチ¥5,800/ADIEU TRISTESSE(アデュー トリステス)、バッグ¥16,000/CULT GAIA(スーパー エー マーケット)、パンプス¥9,800/SOLO&DOUBLE(イクヌーザ)

 

 

■Pattern02>White5:5Beige

トレンドのチェック柄はオフ白で軽やかに

 

クラシカルな気分満載のチェック柄は今季トレンドの代表格。ベージュが基調のパンツには、オフ白のリブニットでフレッシュな抜け感をプラス。大判のストールでバランスを上に持たせると、より軽やかさがアップ。

ストール¥22,000/Steven Alan(スティーブン アラン トーキョー)、ニット¥89,000/ASCIARI(クォータリー 青山店)、パンツ¥17,500/H/standard(アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ店)、バッグ¥12,000/conges payes ADIEU TRISTESSE(コンジェ ペイエ アデュートリステス)、靴下¥1,300/Tabio(タビオ)、パンプス¥32,000/

Sellenatela(ココロ)

 

 

トレンド服×正統派小物の新鮮ミックススタイル

 

デザインコンシャスなサロペットと今季注目のバルーンスリーブのブラウスを合わせた最旬スタイル。正統派のシューズやバッグ、タータンチェックのストールで優雅さをレイヤードした、センスフルなプロポーション。

サロペットパンツ¥48,000/colenimo(マッハ55リミテッド)、ブラウス¥14,000/RBS(ビームス ウィメン 渋谷)、バッグ¥36, 000/Mimi(クォータリー 青山店)、ストール¥25,000/Glen Prince(ヒューマンウーマン)、イヤリング¥5,000/ADIEUTRISTESSE(アデュー トリステス)、シューズ¥36,000/REGAL(リーガルコーポレーション)、靴下 スタイリスト私物 

 

 

■Pattern03>White7:3Beige

Iラインを意識して装いをスタイルアップ

 

コーデュロイのシャツワンピースをさらりと羽織ったインナーは、縦のラインを意識したベージュのシャツ&スカートですっきりと。白の分量が多いコーディネートには、膨張を引き締めてくれる濃いめのベージュがおすすめ。

ワンピース¥14,800/BEAMS BOY(ビームス ウィメン 渋谷)、ブラウス¥16,000/Harriss(ハリス代官山店)、スカート¥7,900/nimes et nimes(ニーム エ ニーム アトレ吉祥寺店)、バッグ¥16,000/PELLETTERIA VENETA、ブーツ¥25,000/J. REI NALDO(ともにニーム 京王百貨店新宿店)、靴下 スタイリスト私物

 

 

2色のハーモニーが奏でる大人仕様のガーリールック

 

繊細な布の重なりが魅力のギャザースカートと女性的なラインのVネックニットで大人ガーリーなバランスに仕上げた着こなし。マニッシュなローファー、クラシカルなバッグなど、品格小物で引き締めてセンスアップ。

ニット¥12,500/ADAM ET ROPE(アダム エ ロペ)、ネックレス¥26,000/JUTIQU(キューレット 伊勢丹新宿店)、スカート¥29, 000/エンリカ(フラッパーズ)、靴下¥900/靴下屋(タビオ)、ローファー¥32,000/Castaner(ハイブリッジ ショーケース 六本木店)、ハンドバッグ¥49,000/CI-VA(トリッペン・チーバ二子玉川ライズS. C. 店)、腕時計¥28,000/INDUNA(アッシュ・ペー・フランス)

 

 

 

■Pattern04>White9:1Beige

さりげなく効かせたベージュのエッセンス

 

白いタートルニットのインナーにベージュのカットソーをセットして、襟元と袖口からのぞかせた上級者テクニック。肌の近くにベージュを差すことで、やさしい表情の装いに。モダンなネックレスで新鮮さを添えて。

ニット¥12,800/etaminne(マリン フランセーズ たまプラーザ テラス店)、カットソー¥8,500/Harriss(ハリス代官山店)、パンツ¥16,000/HUMAN WOMAN(ヒューマンウーマン)、ネックレス¥22,000/FLORIAN(アッシュ・ペー・フランス)、バッグ¥35,000/arron(クォータリー 青山店)、スリッポン¥15,000/ADIEU TRISTESSE(アデュー トリステス)

 

 

ベージュ小物をプラスしてホワイトワンピースを攻略

 

 

難易度の高い白のワンピースには肌馴染みがよく安心感のあるベージュの差し色が効果的。襟元のストール、ウエストマークしたベルト、ショルダーバッグを全身に散りばめて、おしゃれのワードローブに仲間入りさせて。

ワンピース¥13,000/Ray BEAMS(ビームス ウィメン 渋谷)、マフラー¥8,800/マンタス エスカレイ、ベルト¥9,800/MASTER&Co.(ともにマッハ55リミテッド)、バッグ¥16,800/rapiecage(ナンバー代官山店)、ブレスレット¥9,800/VALTER(ニーム 京王百貨店新宿店)、パンプス¥27,000/FABIO RUSCONI(ビームス 銀座)、タイツ スタイリスト私物

 

photograph:Satoru Kikuchi MUM(model),Koichi Sakata(item)

styling:Ritsuko Hirai

hair&make-up:Yoko Yoshikawa

model:Mito Yokota

text:Ayako Watanabe

 

vikka vol.33より

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!