検索

ホワイトコーディネート、4つの秘訣。

新しい季節にレディのおしゃれを叶えてくれるのは、透明感や軽やかな雰囲気をもたらす、白×白のコーディネート。

フラットな生地感のコットンやリネンなどの布帛、ふんわりとしたニットや織地が特徴のコーデュロイ。白のトーンを絶妙に変えながら、異なる素材を組み合わせる。色とマテリアルの計算されたバランス感がホワイトコーディネートの秘訣。

 

 

01_黒でセンスアップするホワイトのパレット

 

やさしい素材のワンピースにニットコートを羽織った秋らしいレイヤードは、黒いロングブーツ、ブラックビジューのネックレスがクールな引き締め役。全身白のコーディネートは、さりげなく黒を添えてモノトーンに仕上げるとスタイリッシュな装いに。

コート¥27,000/MACPHEE(トゥモローランド)、ワンピース¥83,000/TOUJOURS(トゥジュー 代官山ストア)、腕時計¥30,000/INDUNA(アッシュ・ペー・フランス)、ネックレス¥11,000/Harriss(ハリス代官山店)、バッグ¥12,000/Caterina(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店)、ブーツ¥44,000/Sellenatela(ココロ)、タイツ スタイリスト私物

 

 

02_純白の潔さで描く大人顔のスポーティ

 

清涼感漂う白は、スポーティな気分を叶えてくれる色。スウェットトップスとプリーツスカートの装いにダークカラーの眼鏡やソックスでシックな要素を、耳元のパールイヤリングで可憐さをプラス。清楚な大人仕様が洗練の秘訣。

プルオーバー¥12,000/Harriss(ハリス代官山店)、スカート¥53,000/STE VEN TAI、メガネ¥4,800/NOEYEDIA(ともにビームス ウィメン 渋谷)、イヤリング¥6,000/petite robe noire(プティローブノアー)、バッグ¥14,500/HUMAN WOMAN(ヒューマンウーマン)、スニーカー¥7,900/Keds(ケッズ インフォメーションセンター)、靴下 スタイリスト私物

 

03_ナチュラルな女性像を投影するAラインのリブニット

 

今季らしさあふれるAラインのタートルニットを着こなしの主役に。ナチュラルなリブの編地やたっぷりとした身頃、ベルスリーブのディテールなど、しなやかな女性にぴったりの一枚。サイドの金ボタンが優雅なアクセント。

ニット¥29,000/TICCA(ティッカ)、パンツ¥19,000/YAECA(ヤエカ)、ネックレス¥5,200/HUMAN WOMAN(ヒューマンウーマン)、イヤリング¥18,000/petite robe noire(プティローブノアー)

 

 

04_ピュアホワイトで叶えるレディな表情

 

レディなシルエットのバルーンスリーブのブラウスは、一枚で今の気分を反映してくれるアイテム。コーデュロイ素材のテーパードパンツとのワンツースタイルで、絶妙にコントラストを効かせながら、品よくカジュアルダウンして。

ストール¥78,000/FALIERO SARTI(アッシュ・ペー・フランス)、ブラウス¥17,000/Luv our days(ロバンデボア)、パンツ¥14,000/conges payesADIEU TRISTESSE(コンジェ ペイエ アデュー トリステス)、バッグ¥63,000/Manufacture Pascal(スティーブン アラン トーキョー)、パンプス¥23,000/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ 六本木店)

 

photograph:Satoru Kikuchi MUM(model),Koichi Sakata(item)

styling:Ritsuko Hirai

hair&make-up:Yoko Yoshikawa

model:Mito Yokota

text:Ayako Watanabe

 

vikka vol.33より

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!