検索

究極のベーシックカラー、ベージュにスパイスカラーをオン!

ベージュと特に好相性の青、黄、赤、黒の4色をコーディネートの差し色に。

ベーシックカラーを代表するベージュは、差し色によってニュアンスを変えるニュートラルさも魅力。とりわけ好相性の青、黄、赤、黒の4色のスパイスカラーを効かせたコーディネートをおしゃれの参考にして。

 

■「Blue」×「Beige」

 

シックな女性像を語る

ブルーグリーンのスパイス

ブルーは深みのあるベージュの印象をより高めてくれる色。メンズライクなリブニットとフェミニンなムード漂うフリルブラウスの対照的な組み合わせで、大人の女性に似合うこだわりのカジュアルスタイルを満喫したい。

ブラウス¥19,000/RBS(ビームス ウィメン 渋谷)、ニット¥53,000/STUDIONICHOLSON(キーロ)、パンツ¥13,000/conges payes ADIEU TRISTESSE(コンジェ ペイエ アデュー トリステス)、イヤリング¥5,000/petite robe noire(プティローブノアー)、シューズ¥33,000/chausser(プリュス バイ ショセ)

 

 

■「Yellow」×「Beige」

 

ベージュと同系のイエローは

差し色として効果絶大

ベージュと同系色の黄色は、少し差すだけでも効果絶大。大胆に施されたフリルが特徴のヴィンテージ風ブラウスとチノの装いに添えたイエローベルトがモードなアクセント。ファークラッチとリンクしてプレイフルに。

ブラウス¥16,000/RBS(ビームス ウィメン 渋谷)、チノパン¥17,000/Harriss(ハリス代官山店)、ベルト¥12,000/MAISON BOINET(スティーブン アラン トーキョー)、バッグ¥4,600/RODE SKO(アーバンリサーチ ロッソ ジョイナス横浜店)、パンプス¥6,500/SOLO&DOUBLE(イクヌーザ)

 

 

■「Red」×「Beige」

 

それぞれの魅力を高める

黄金のコンビネーション

ベージュのやわらかい表情を女性らしく華やげ、主張のある赤を中和させる相乗効果の高い黄金コンビ。ココア色のシャツワンピースに真紅色の小物を散りばめれば、深まる秋にぴったりなカラーコーディネートが完成。

ワンピース¥29,000/Harriss(ハリス代官山店)、バッグ¥36,000/FABIO RUSCONI(ハイブリッジ インターナショナル)、ブローチ¥17,000/petite robe noire(プティローブノアー)、シューズ¥9,800/SEPTEMBER MOON(ビームス 銀座)、ハイソックス スタイリスト私物

 

 

■「Black」×「Beige」

 

クールな黒で

凛とした美しさをアップ

やさしいベージュのトーンをキリッと引き締めてくれる黒は、紺や茶など他の定番色と比べてクールな大人顔に仕上げくれる頼もしい存在。シンプルなニットワンピースもクラシカルな黒小物をセットして品格あふれる装いに。

ワンピース¥18,000/SOIL(アーバンリサーチ ドアーズ 銀座マロニエゲート1店)、スカーフ¥18,000/manipuri(フラッパーズ)、バッグ¥28,000/FABIO RUSCONI(ファビオルスコーニ 六本木店)、タイツ¥800/靴下屋(タビオ)、ブーツ¥41,000/chausser(プリュス バイ ショセ)

 

 

photograph:Satoru Kikuchi MUM(model),Koichi Sakata(item)

styling:Ritsuko Hirai

hair&make-up:Yoko Yoshikawa

model:Mito Yokota

text:Ayako Watanabe

 

vikka vol.33より

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!