検索

この春、雑貨ラバーはここにお出かけして!『JAMCOVER』(ジャムカバー)が新居地「群馬県・高崎」で『ジャムカバービレッジ』として始動!

【東奔西走の旅6(高崎編)】乙女心を持つ大人女子にピッタリ。ハンドメイド雑貨をいち早く取り入れた雑貨のセレクトショップが始動する.美味しい「おやつ」と「雑貨」のオンパレード。

こだわり派の女子にたまらない、知る人ぞ知る下北沢にあった雑貨店「JAMCOVER」さん。

3世代に渡り通っている人もいるという伝説のお店です。

今でこそ「ハンドメイド雑貨」という言葉は一般的になったかもしれませんが、

僕が知る限り、ハンドメイド雑貨を早くから販売していたのは、

ここ「JAMCOVER」さんだったような記憶があります。

オーナー自ら探して来た気鋭の作家モノを一堂に見られる唯一のショップ。

下北沢という街の雰囲気にもすごく合っていた感じですよね。

その後、下北沢から馬喰町に移転し、

オーナーの地元でもある高崎にも店舗を構えていましたが、

つい先日、東京店を閉店し、

数年前から構想していたという新天地「高崎」で、

JAMCOVER VILLEDGEを開村!!

個人的にもとてもとてもお世話になっていることもあり、

オープン初日にお邪魔して来ました!

 

 

のどかな場所だな〜と車を走らせていたら、突如発見!!

屋根の色がカラフルで、遠くからもすぐにわかりました。

 

 

店内は落ち着いた感じの木目が印象的で、ゆったりしています。

こちらは、自然光がたっぷり入る店内に家具がずらり。

ガラス棚などもありましたよ!

(こちらは古家具の個展なので、通常展示ではありません)

 

 

あまりにも長居しすぎて夕暮れになってしまいましたが、

たくさんの雑貨があって、とにかく楽しいお店です。

 

 

こちらは、KIYATAのオオカミランプ。可愛いですね。でも非売品だそう。

 

 

ヴィンテージのクマのぬいぐるみも、どこか愛らしい…

 

 

こちらはおやつ棟(雑貨棟と分かれています)こちらには、

全国から集められたパッケージの可愛いお菓子が販売されています。

こちらは「鳥取」のお菓子。

 

 

JAMCOVER オリジナルのパンや「群馬」の燻製柿ピーなど。

 

 

潔いパッケージ。こちらは愛知県豊橋のメーカーが作るミントガム。

 

 

なかなかお目にかかれない地域密着系インスタントラーメンの数々。

 

 

地元「高崎」にあるTONBI COFFEEさんオリジナルのリキッドコーヒーも。

 

 

 

いずれはカフェスペースも設けて行くそう。

 

 

 

駅からは少し離れた場所にありますが、

たくさんのファンの方が来ていたのが印象的でした。

定期的にイベントも仕掛けていくようなので、

詳しくはウェブでチェックを!

 

★JAMCOVER VILLAGE/ ジャムカバー★
 
群馬県高崎市下室田町1686
TEL 027 384 4470(ZAKKA)
TEL 027 384 4471(OYATSU)
  
OPEN   11:00 - 19:00(ZAKKA)
            11:30 - 18:00(OYATSU)
 
定休日 無休
 
http://www.jamcover.com
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!