検索

ピュアさや軽やかな抜け感のために不可欠な白のスパイス。

真っ白なシューズやバッグ、アクセサリー。フレッシュでどこかモダンなイメージを演出してくれるアイテムが狙い目。

01_光を纏って軽やかなオーラを放つ、コットンパールのアクセサリー

 

やさしい風合いや控えめな輝きが魅力のコットンパール。ラインストーンでクリアな光を差したネックレスがクールな甘さ

を可能に。耳元には大ぶりのイヤリングをセット。肌と調和するマットなツヤ感で、品よく存在感を主張して。

ネックレス¥19,000、イヤリング¥5,000/ともにpetite robe noire(プティローブノアー)、プルオーバー¥16,800/NIMES(ニーム 京王百貨店新宿店)

 

 

02_クリアな光をミックスしたモダンなニュアンスのネックレス

 

繊細な甘さの淡水パールと水晶の透明感、ふたつの異なる輝きでニュアンス深い白を可能にしたデザイン。いつまでも変わらない無垢な魅力を叶えてくれる。ネックレス¥40,000、ブレスレット¥28,000 /ともにagete(アガット)

 

 

03_トラッドが薫り立つキルトシューズ

シンプルなフォルムにトラッド代表のキルトディテールが映える逸品。清々しさと知的な趣が大人のおしゃれ心をくすぐる。シューズ¥110,000(ヒール3cm)/J.M.WESTON ※トゥモローランド別注(トゥモローランド)

 

 

04_襟元に奥行きを添える、やさしい陰影のニットマフラー

ぐるりと無造作に巻いたときに現れる陰影が絵になるニットマフラー。なめらかな肌触りやどんな服にも溶け込むシンプルな佇まいで、軽やかな抜け感としても重宝する秋冬の万能小物。マフラー¥20,000 / YAECA(ヤエカ)

 

 

05_愛らしいファーバングルをおしゃれのお供に

ボリュムーファーで手元を華やかに演出するエレガントデザイン。ラフな着こなしのアクセントとして1点投入するのが新鮮。新しい季節の始まりにおしゃれを先取りしたい。バングル¥29,000 / arron(フラッパーズ)

 

 

06_無垢な白が映えるミニマムデザインのバッグ

無駄を削ぎ落としたショッピングバッグ型。温もりあふれるコットンシャギー素材で、持ち歩く度に豊かな気分を味わえる風合いにも着目。バッグ¥25,000(W40×H32×D14cm)/TOUJOURS(トゥジュー 代官山ストア)

 

 

07_上品に主張する可憐な花のビジュー

レトロなムードを醸すブローチ、デザイン違いのイヤクリップ、どちらのフラワーモチーフも大人に似合う控えめな甘さが印象的。ブローチ¥6,800、イヤクリップ¥5,800 / ともにADIEUTRISTESSE(アデュー トリステス)

 

 

08_凛としたオーラでモダンレディを満たすショルダーバッグ

シンプルなシルエットとミニマムなデザインが特徴。機能性も高くスタイル問わず、幅広いシーンで活躍する才色兼備な存在感。ショルダーバッグ¥55,000(W24×H21×D7.5cm)/ OAD NEWYORK(ビームス ウィメン 渋谷)

 

 

09_着こなしの鮮度を決めるクールビューティなパンプス

スタイルアップしてくれる一足。ソックスやカラータイツを合わせた足元コーディネートが際立つ美しいカッティングにも注目。パンプス¥32,000(ヒール7cm)/ Sellenatela(ココロ)

 

 

10_異なる素材使いでこなれた雰囲気を添えるソックス

おしゃれのこだわりが表れるソックス選び。モコモコとした温もり素材をさり気なくあしらったキュートなデザインは、初秋に季節感を先取りしたり、冬はキュートな抜け感として楽しみたい。靴下¥900 /靴下屋(タビオ)

 

 

11_冬が待ち遠しい!真っ白のムートンファー

上質なムートンを贅沢に使用。ナチュラルな風合いで季節感を叶えてくれるので、カットソーの上から羽織ったり、コートの襟元に巻くなどのアレンジで、デイリーに楽しみたい。ストール¥38,000 /A.D.O.H(フラッパーズ)

 

 

12_極上の肌心地をもたらすピュアな存在感のアームウォーマー

一度腕を通すと手放せなくなるモンゴル産カシミヤの手袋。上質素材ならではの光沢感やなめらかな肌触り、そして、高い保温性で冬のおしゃれを支えてくれる。アームウォーマー¥7,000 / GOBI(ニーム 京王百貨店新宿店)

 

 

13_洗練を運び込む純白のトート

単色のカラーリングがスタイリッシュな大人顔のキャンバストート。カジュアルスタイルから、きれいめスタイルの外し役まで幅広く活躍。トートバッグ¥11,000(W33×H43×D14cm)/ apiecage(ナンバー代官山店)

 

 

photograph:Satoru Kikuchi MUM(model),Koichi Sakata(item)

styling:Ritsuko Hirai

hair&make-up:Yoko Yoshikawa

model:Mito Yokota

text:Ayako Watanabe

 

vikka vol.33より

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!