検索

1枚で決まる! ボタニカル&フラワープリントワンピース

今季注目のボタニカル&フラワープリント。ワンピースはセレクトのポイントを押さえてクラシックな着こなしを楽しんで。

ボタニカル&フラワープリントワンピースはダークトーンと膝下丈が程よい存在感を生み出します。シルクやコットンなどの柔らかな素材を選べば洗練度もアップ!

 

BRAND■01:BLUE BLUE JAPAN

 

風合いのあるシャツワンピースを

ツヤ小物でクラシックに仕上げる

同系色のフラワープリントが施されたシャツワンピースはこの秋ワードローブに加えたいアイテムだ。一枚でさらりと着たら、上品な雰囲気を演出してくれるエナメル小物をプラス。カジュアルな印象のシャツワンピースも小物次第でクラシックなレディスタイルになる。

ワンピース¥30,000/ BLUE BLUE JAPAN(オクラ)、シューズ¥46,000、バッグ¥61,000/ともにRepetto(ルック ブティック事業部)、ソックス¥2,700/PANTHERELLA(リーミルズ エージェンシー)、メガネ¥33,000/EYEVAN 7285(コンティニュエ)

 

 

BRAND■02:YAECA

可憐なリバティプリントを

個性的に着こなすテクニック

ロマンティックなリバティプリントワンピースと共布のハットを大胆にコーディネート。“ちょっぴりナード”な着こなしを引き締めるのは、美しいシルエットのステンカラーコートだ。バイカラーのレザーが効いているトートバッグがアクセントとなっている。

ワンピース¥45,000、ハット¥8,500/ともにYAECA(ヤエカ)、コート¥72,000/Scye(マスターピースショールーム)、シューズ¥32,000/Jalan Sriwijaya( バーニッシュ)、ソックス¥2,500 /AURALEE(オーラリー)、バッグ¥18,000/wHAtcHaMaCaLLit(ロイヤル)

 

 

BRAND■03:Zootie

少女のようなニュアンスと

大人のエレガントさをまとって

レストランやパーティーなど、かしこまったシーンに最適なワンピーススタイル。顔まわりには繊細なアクセサリーを、足元は華奢なパンプスをONして女性らしさを薫らせて。シックなボルドーの小物がさらにレディなニュアンスを添えてくれる。

ワンピース¥4,900/Zootie(イーザッカマニアストアーズ)、カーディガン¥9,500/HUMAN WOMAN(ヒューマンウーマン)、パンプス¥33,000/REGAL(リーガル コーポレーション)、ソックス¥2,000/ADIEU TRISTESSE(アデュートリステス)、バッグ¥155,000/Repetto(ルック ブティック事業部)、手に持ったGジャン¥12,000/NOMBRE IMPAIR(ノンブルアンペール自由が丘店)、ネックレス¥28,000/agete(アガット)、ブレスレット¥10,000/NOJESS(ノジェス)

 

 

BRAND■04:maison de soil

しなやかな総柄ワンピースの

素材を生かしたシンプルルック

シルク混の素材が生み出す上質な光沢感がカジュアルスタイルをワンランクアップさせてくれる。落ち感のある生地なので、ビッグシルエットであっても“ほっこり”しないのがポイント。マットなレザー小物との組み合わせで立体的な装いが完成する。

ワンピース¥30,000/maison de soil(メゾン ド ソイル 恵比寿店)、ストール¥47,000/AURALEE(オーラリー)、シューズ¥63,000/Paraboot(パラブーツ青山店)、タイツ¥3,600/ADIEU TRISTESS(アデュートリステス)、バッグ¥49,000/ED ROBERT JUDSON(ベータ)、メガネ¥38,000/EYEVAN 7285(コンティニュエ)

 

 

photograph:Kengo Shimizu

styling:Kaori Yamamoto,Saori Kitagawa

hair&make-up:jiro for kilico.

model:Ririan Ono

 

vikka vol.33より

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!