検索 はてなブックマーク

ワードローブに入ってる? 永遠の定番シューズ、ローファー&レースアップシューズ

定番モノこそこだわりを。凛とした雰囲気を印象づける10足。

ワードローブに欠かせない定番シューズこそ、どんな装いにも優しく馴染む上質なものをチョイスしたい。履き込むほどに味わいが出てくるレザーシューズ。長く愛せるマイ・ベスト・スタンダードを探してみて。

 

■LOAFERS

ローファー=スリッポン、ビジネスシーンには不向きという見解も今は昔。ハンサムな足元を作る頼もしい味方は、オン&オフ問わず活躍してくれること請け合いです。

 

大人の足元をクリーンにまとめるローファー

 

001_Jalan Sriwijaya

ビスポーク(誂え)シューズに用いられるハンドソーンウェルテッド製法により作られる、美しいローファー。アウトソールの縫い込み以外の行程は、すべてハンドメイドによるもの。ほっそりとしたシルエットがレディの足元を彩る。ローファー¥32,000/Jalan Sriwijaya(バーニッシュ)、タイツ¥1,000/17℃(Blondoll 新丸の内ビル店)、スカート¥15,000/ADAM ET ROPÉ(アダム エ ロペ)

 

 

 

(右上から時計回りに)

002_REGAL Shoe&Co.

伝統とモダンを受け継ぐローファーは、写真のバーガンディのほか、ネイビーやホワイトなど全5色がそろう。¥32,000(リーガル シュー&カンパニー)

003_Paraboot

ステッチの効いたカジュアルなデザインも、パテント、甲浅、細身ならスッキリした印象に。〈パラブーツ〉ならではの格別の履きやすさ。¥35,000(パラブーツ青山店)

004_JOSEPH CHEANEY

メンズのローファーをトレースしたのではなく、女性向けにアレンジ。その美しさが際立つ、英国の沽券。¥55,000(ブリティッシュメイド 銀座店)

005_Crockett&Jones

英国生まれのシューズメーカー。グッドイヤーウェルト製法により作られた本格的なローファーは、どの角度から見ても美しい。¥74,000(トレーディングポスト青山本店)

 

 

■LACE UP SHOES

マニッシュスタイルはもちろん、フェミニンな装いのハズしとしても活躍するレースアップ。デザインの種類は様々ですが、足元をカッチリ仕上げてくれるアイテムです。

 

ハンサムな着こなしに導くレースアップ

 

 

006_JOSEPH CHEANEY

英国の老舗メーカーの〈ジョセフ チーニー〉。履くほどに足に馴染む本物の良さを味わって。シューズ¥55,000/JOSEPH CHEANEY(ブリティッシュメイド 銀座店)、ソックス¥1,000/17℃(Blondoll 新丸の内ビル店)、トレンチコート¥95,000/AURALEE(オーラリー)、デニムパンツ¥28,000/SEA(エスストア)

 

 

 

(右上から時計回りに)

007_Sanders × BEAMS BOY

〈ビームス ボーイ〉が英国の老舗靴ブランド〈サンダース〉に別注をかけたプレーントゥシューズ。さり気ないこだわり随所に光る。¥46,000(ビームス ボーイ 原宿)

008_Jalan Sriwijaya

細身のウィングチップシューズは、女性らしいシャープなシルエット。オフィスはもちろん、カジュアルにも履きこなせる。

¥32,000(バーニッシュ)

009_CARMINA

オーソドックスなラウンドトゥで、幅はやや広め。長く付き合いたい上質なストレートチップシューズ。¥62,000(トレーディングポスト青山本店)

010_GENESIO COLLETTI

ヴィンテージシューズの意匠を汲んだ独特のシルエットながら、履き心地の良さをも実現した稀有なコレクション。¥46,000(トレーディングポスト青山本店)

 

photograph:Nitta Kimihiko, styling:Sawada Miyuki, illustration:Maori Sakai

 

vikka vol.33より

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

Follow us!
Follow us!